新着記事

トレード戦術

2021/9/24

車の運転とトレンド転換は似ている

こんにちは、サバイサバイFXです。 今回の記事では車の運転とトレンドの転換は似ているというテーマで書いてみたいと思います。 こんな悩みを持っている方に エントリーが早いんです 損切りした後に思った方向に伸びていくんです という方は意識してみると良いかもしれません。   図解   車の運転 車を運転する方にとっては当たり前の話ですが、車が曲がるときは、 ①カーブが近づくにつれて徐々に減速し ②低速で曲がり ③出口が近づくにつれて、徐々にアクセルを踏み加速 という行動を自然に取っていると思 ...

Read More

波動分析

2021/9/24

【波動分析】破壊的イノベーションに投資する アークイノベーションETFのエリオット波動

株や為替、コモディティ、仮想通貨の中から特定の銘柄を取り上げてそのエリオット波動を考察する波動分析シリーズ。 今回はテクノロジー企業をはじめとしてイノベーティブな企業への積極的投資で知られるキャシー・ウッド氏が率いるアークイノベーションETF(ティッカーコード: ARKK )を取り上げます。 ファンド自体が2014年に立ち上げられたということで歴史の浅いETFですが、米国株式インデックス連動型ETFを圧倒するほどの高い成長率を誇るETFとしてご存知の方も多いと思います ...

Read More

波動分析

2021/9/16

【波動分析】波動が美しい通貨ペア ポンドフラン(GBPCHF)の長期エリオット波動

株や為替、コモディティ、仮想通貨の中から特定の銘柄を取り上げてそのエリオット波動を考察する波動分析シリーズ。 今回は為替(FX)のポンドクロスの中からポンドフラン( GBPCHF )を取り上げます。 ポンドクロスからは今までポンドオージーとポンドカナダの長期エリオット波動分析を投稿していますが、今回分析するポンドフランはポンドクロスの中で最も波動が美しく出ている通貨ペアであり、個人的にはポンドオージーと並んでお気に入りの通貨ペアでもあります。   今回も月足 ...

Read More

相場分析

2021/9/15

【相場解説】2021年8月米CPIは予想を下回る結果に | なぜ株は下落し、ドルは乱高下したのか?マーケットの動きを解説

昨日発表された8月の米CPI(消費者物価指数)はコアCPI(変動の大きい食料やエネルギーを除外した指数)が前月比0.1%の上昇と市場予想を下回ると同時に過去7ヶ月で最低の結果に。 これを受けて米株式は下落。債権が急伸し、ドルはCPI発表直後の下落から下げを埋める上昇へと荒い動きとなりました。 CPIの結果が予想を下回ったのであれば、FRBのテーパリング決定は先送りになる可能性が高まり、株高・ドル安になるんじゃないの?と思う方もいると思いますので、CPIを受けた相場の反応を解説 ...

Read More

Tradingview インジケーター

2021/9/16

【TradingView】国債利回りの金利差を表示するインジケーター(複数国、期間対応)

こんにちは、サバイサバイFXです。 今回はTradingViewで国債利回りの金利差を表示できるよう僕が開発したオリジナルインジケーター「Government Bond Yield Spread (Multiple Selection )」の紹介をしたいと思います。 米国であれば10年国債や20年国債に代表されるように、各国様々な期間の国債を発行していますが、それらの利回りの差(金利差)を表示することのできるインジケーターです。 このような形でオシレーターウィンドウに表示します。   国と国債の ...

Read More

Pick Up - おすすめ記事 -

1

こんにちは、サバイサバイFXです。 今回の記事ではダウ理論の重要な考え方の一つである押し安値と戻り高値をどのように見つけたら良いのか、客観的に判断する方法について解説します。 僕自身もダウ理論を学ぶ中 ...

2

コラムと題して様々な金融商品·銘柄の長期エリオット波動分析を投稿している波動分析シリーズ。 これまで色々な金融商品を取り上げてきましたが、為替の中で我らがドル円を取り上げないわけにはい ...

3

こんにちは、南国タイでFXトレーディングをしながらサバイサバイな暮らしをしているサンタです。 TradingViewで投稿している相場分析の読者の方からエリオット波動の「4波は1波の終点を超えてはいけ ...

4

こんにちは、サバイサバイFXです。 今回は波動の解説記事として、エリオット波動の5波狙いはなぜ難しいのか? という理由とそのリスクについて解説します。 エリオット波動を使っている人にとっては、1波や3 ...

5

今回は波動の見極め方のコツということで、チャートの横軸(時間軸)に注目した波動の特徴について共有したいと思います。 エリオット波動を分析に使われている方であれば、チャートの縦軸(価格軸)に着目し ...

6

この記事は2021年4月13日にTradingViewに投稿したアイデアを元にしています。 TradingView【コラム】ビットコインのエリオット波動を超真面目に考えてみる FX365_Thaila ...

もっと見る

通貨ペア別相場分析

相場分析

【相場解説】2021年8月米CPIは予想を下回る結果に | なぜ株は下落し、ドルは乱高下したのか?マーケットの動きを解説

昨日発表された8月の米CPI(消費者物価指数)はコアCPI(変動の大きい食料やエネルギーを除外した指数)が前月比0.1%の上昇と市場予想を下回ると同時に過去7ヶ月で最低の結果に。 これを受けて米株式は下落。債権が急伸し、ドルはCPI発表直後の下落から下げを埋める上昇へと荒い動きとなりました。 CPIの結果が予想を下回ったのであれば、FRBのテーパリング決定は先送りになる可能性が高まり、株高・ドル安になるんじゃないの?と思う方もいると思いますので、CPIを受けた相場の反応を解説 ...

相場分析

【AUDUSD/オージードル🇦🇺🇺🇸】相場分析20210909 日足上昇3波を狙うロング戦略

【サマリ】 8月後半から夏枯れ相場終了をアナウンスするかのような急騰を見せている豪ドル/ドル。 日足レベルでの素晴らしいトレンド転換の形をしています。 現在は押し目形成中と捉えており、次の上昇に向けた足場を固めてからの上昇3波目を狙いたいところ。 ファンダメンタル的にも8月の雇用統計が弱い結果となり、テーパリング期待が後退。 次次回FOMCが予定されている11月2-3の時点では8月9月の雇用統計のみが参照可能な雇用データとなり、9月雇用データが超V字回復を見せない限り、本当 ...

波動分析 相場分析

【エリオット波動】 ドル円の長期エリオット波動をマジで分析 / 円の過去50年の歴史を振り返る

コラムと題して様々な金融商品·銘柄の長期エリオット波動分析を投稿している波動分析シリーズ。 これまで色々な金融商品を取り上げてきましたが、為替の中で我らがドル円を取り上げないわけにはいかないだろうということで、今回はドル円の長期エリオット波動を考察しながら過去50年間の円の動きを振り返ってみたいと思います。 ドル円のようなレンジ通貨にエリオット波動があるのか?と思う方もいるかもしれませんが、ドル円が比較的限られた範囲での動きになったのはここ数年の話。 長い時間軸で見 ...

波動分析 相場分析

【波動分析】バブル最高値更新間近か?リップル(XRP)の長期エリオット波動分析

仮想通貨の中でも日本人に人気の高いリップル(XRP)の長期時間軸(月足·週足)でのエリオット波動分析です。 現在は米国SECとの裁判が進行中であり、先行きの見通しに暗雲が立ち込めている状況ですが、波動の進行具合の観点ではどのようなステージにあるのかを考察してみたいと思います。 ※チャートは全てログスケール表示にしています。 他の仮想通貨同様に価格変動が大きいため、通常スケールでは波のうねりやリズムが読み取りにくいためです。   月足 2017年の仮想通貨バフ ...

波動分析 相場分析

【波動分析】ポンドオージー(GBPAUD)の長期エリオット波動分析(波のリズムから考えるトレードプラン)

株式、コモディティ、為替、仮想通貨のあらゆる金融商品の中から特定の銘柄を取り上げてその波動を分析する波動分析シリーズ。 今回はポンドオージーの長期のエリオット波動を考察してみたいと思います。 ※この記事はTradingViewのアイデア投稿からも確認可能です。 TradingView【波動分析】ポンドオージー(GBPAUD)の長期エリオット波動分析(波のリズムから考え...   月足(マクロ) こちらは月足を長期スパンで表示させたものです。 チャート中央の水色の垂直線を境にトレンドが変わっている ...

相場分析

【GBPCHF/ポンドフラン🇬🇧🇨🇭】相場分析20210823 週足5波を狙うロング戦略

【サマリ】 週足、日足レベルの波を狙う長い時間軸でのトレードシナリオの考察です。 前回5月の投稿でも日足の上昇波動継続を狙ったロングのシナリオ考察を投稿しましたが、その後レンジに突入。 約3ヶ月の長い調整期間を経て、今再び上昇の可能性が考えられる場面に来たところです。   【環境認識】 週足 週足の長期波動の把握は下記の通りです。   現在パープルの上昇波の3波目まで確認できているところ。 現在を調整の4波と見てここから5波で上昇継続していくか、上昇3 ...

相場分析

【USDJPY/ドル円🇺🇸🇯🇵】相場分析20210821 ドル円相場を3層レンジで読み解く/来週は小幅値動きか?

【サマリ】 ドル円の環境認識と売買シナリオ考察です。 来週は注目イベントであるジャクソンホール会議が26-28日に控えています。 現在のレートが位置する環境の整理は以下で詳述しますが、ボラが低下していることもあり、様々な抵抗・支持線に囲まれた大小レンジを形成しています。 ・ジャクソンホール会議までは様子見ムードでレンジ内の小幅値動きの可能性 ・会議でサプライズがあればレンジをブレイクする動き ・特にサプライズがなければ9月雇用統計までトレンドレス ...

ユーロドル(EURUSD)
ドル円(USDJPY)
ポンドドル(GBPUSD)
オージードル(AUDUSD)
キウイドル(NZDUSD)
ドルカナダ(USDCAD)
ドルフラン(USDCHF)
オージー円(AUDJPY)
ユーロ円(EURJPY)
ポンド円(GBPJPY)

その他通貨ペア・商品多数

最新投稿順に見る

全記事一覧

全記事一覧はこちら

 

【Tradingviewのサンプル】下のチャートでマウスをスクロールしたりしてみてください。


人気の記事

Copyright© サバイサバイFX , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.