Tradingview インジケーター

【TradingView】スイングハイローと損切り注文を表示するインジケーター

こんにちは、サバイサバイFXです。

今回はオンラインチャートプラットフォームTradingViewで僕が開発したオリジナルインジケーター「リクイディティプール(Liquidity Pools)」を紹介します。(リクイディティとは相場に存在するマネー、注文のことを指します。)

スイングハイ、スイングローとともにその付近に蓄積されている損切り注文を表示することのできるインジケーターです。

 

 

緑と赤の小さなバンドが損切り注文を表します。

 

 

 

スイングハイ、スイングローとは?

スイングハイ、スイングローとは左右N本のローソク足の高値・安値を比較して一番高い高値と一番低い安値のことです。

下の図の左側に注目してください。

3本のローソク足のうち真ん中のローソク足の高値は左のローソク足の高値と右のローソク足の高値よりも高いことがわかると思います。この場合、真ん中のローソク足の高値をスイングハイと言います。

 

 

 

 

スイングハイ、スイングローが重要な理由

相場には大きく分けて二つのプレイヤーが存在します。

個人投資家と大口投資家です。

大口投資家というのは、銀行、機関投資家、ヘッジファンドなどのように莫大な資金を組織で運用している人達のことを指します。

そして、彼らが大きな注文を入れることでスイングハイやスイングローのような起点となる高値・安値が形成されます。

そのためスイングハイ・スイングローは大口投資家が相場を形成してきた足跡と見ることができるのです。

 

 

 

インジケーター概要

このインジケーターはスイングハイ、スイングローと損切り注文を同時に表示することが可能です。

大きな損切り注文はスイングハイの直上(買いのストップオーダー)、スイングローの直下(売りのストップオーダー)に控えています。

スイングハイ、スイングローは投機筋や機関投資家などの大口投資家のポジションによって形成される高値・安値であるためです。

スイングハイ・ローを同時に表示することで損切り注文を容易に特定することが可能となります。

 

 

使い方

このインジケーターは相場が形成される際に損切り注文がどのように使われているのかを観察、相場を注文の観点で見るために開発しています。

 

・損切り注文が相場が動く中でどのように使われているのかを観察

・マーケットが動く前にどの損切り注文を取り、トレンドが進展するにつれどの損切り注文をターゲットとするかを観察

 

ぜひインジケーターを使いながら、チャートをいつもとは違った視点で眺めてみてください。

新たな発見があるかもしれません。

 

動画では損切り注文と相場の動きの関連性について詳しく解説しています。また損切り注文に便乗したトレード方法についても説明していますので合わせて確認してみてください。

 

 

インジケーター開発のコンセプト

「良いインジケーターとはトレーダーの判断を手助けしてくれるものである。」

をコンセプトに開発を行っています。

今回紹介したインジケーターの他にも様々なオリジナルインジケーターをTradingViewで公開しています。

興味のある方は以下のTradingViewのページから他のインジケーターも確認してみてください。もしかしたら皆さんにとっても便利なインジケーターが見つかるかもしれません。

また、TradingViewでフォローすると新しいインジケーターのリリース時に通知が届きます。

最後に、このインジケーター良かったよ!という方は以下のリンクからTradingViewで高評価していただけると、今後のインジケーター開発の参考になります。

 

 

TradingViewでフォローする

 

オリジナルインジケーター

独自開発したTradingView用オリジナルインジケーターです。 皆さん自身のチャートの見方を確立するために活用してください。 カテゴリーをクリックするとそれぞれのインジケーター一覧にジャンプします ...

続きを見る

 

 

 

僕が使っているチャートツールTradingviewはこちら



人気の記事

1

こんにちは、サバイサバイFXです。 今回の記事ではダウ理論の重要な考え方の一つである押し安値と戻り高値をどのように見つけたら良いのか、客観的に判断する方法について解説します。 僕自身もダウ理論を学ぶ中 ...

2

こんにちは、サバイサバイFXです。 この記事では過去の米国株の弱気相場について振り返ってみたいと思います。   2022年5月20日の米国市場ではSP500が一時弱気相場(ベアマーケッ ...

3

こんにちは、サバイサバイFXです。 この記事ではダウ理論の目線付けの二つの方法を解説するとともに、オンラインチャートプラットフォームであるTradingViewで僕が開発したオリジナルインジケーター「 ...

4

コラムと題して様々な金融商品·銘柄の長期エリオット波動分析を投稿している波動分析シリーズ。 これまで色々な金融商品を取り上げてきましたが、為替の中で我らがドル円を取り上げないわけにはい ...

5

こんにちは、サバイサバイFXです。 仮想通貨の冬入りが騒がれていますね。 この投稿では、過去の仮想通貨の”冬”ではどの程度の期間停滞が続いたのか、ビットコインを例に振り返ってみたいと思い ...

6

こんにちは、サバイサバイFXです。 この記事では相場の動きの特徴であるN波動に焦点を当ててみたいと思います。   相場の動きはすべてN字と逆N字に分解することができます。 この視点 ...

7

こんにちは、南国タイでFXトレーディングをしながらサバイサバイな暮らしをしているサンタです。 TradingViewで投稿している相場分析(こちら)の読者の方からエリオット波動の「4波は1波の終点を超 ...

8

こんにちは、サバイサバイFXです。 今回は波動の解説記事として、エリオット波動の5波狙いはなぜ難しいのか? という理由とそのリスクについて解説します。 エリオット波動を使っている人にとっては、1波や3 ...

9

こんにちは、サバイサバイFXです。 今回は、タイトルにもある通り「MACDのゴールデンクロスだけで勝てるのか?」という疑問に対して、30年分のデータを使って検証した結果について共有していきたいと思いま ...

10

今回は波動の見極め方のコツということで、チャートの横軸(時間軸)に注目した波動の特徴について共有したいと思います。 エリオット波動を分析に使われている方であれば、チャートの縦軸(価格軸)に着目し ...

error: Content is protected !!

Copyright© SABAI SABAI FX , 2024 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.