新着記事

相場分析

Tradingviewで相場分析を公開

Tradingviewで日々FXの相場分析を公開しています。主要7通貨ペアを中心に、クロス円やマイナー通貨ペアも取り上げています。

 

ユーロドル(EURUSD)
ドル円(USDJPY)
ポンドドル(GBPUSD)
オージードル(AUDUSD)
キウイドル(NZDUSD)
ドルフラン(USDCHF)
ドルカナダ(USDCAD)
オージー円(AUDJPY)
ユーロ円(EURJPY)
ポンド円(GBPJPY)
ニュージー円(NZDJPY)
カナダ円(CADJPY)
フラン円(CHFJPY)
ユーロオージー(EURAUD)
ポンドオージー(GBPAUD)

Tradingviewで相場分析を見る

 

コンセプトは「なぜ」がわかる相場分析

TradingViewのプロフィールにも書いていますが、僕の相場分析は「なぜそう考えるのか?」のなぜの部分を重要視して書いています。

それは自分自身がトレードを始めたての頃、書籍やインターネットで様々な分析を目にするものの、「なぜ」の部分に言及していないものが多かったからです。

なぜそのラインをサポートやレジスタンスとして重要視するのか、価格はどの辺りまで伸びると考えるのか、またそう考える根拠は何か?・・・

チャートを分析して、トレードを執行するまでには多くの判断を必要とします。

読者の方に対して異なる視点や考え方を提供し、参考になったと思ってくれればそれが一人のトレーダーとしての付加価値になるのではと考え、発信をしています。

 

相場分析の例

僕がTradingviewで書いている相場分析の例を紹介します。

ここではユーロドルとドル円の二つを紹介します。

 

例1 ユーロドル(EURUSD)
【EURUSD】1.20超えは近い?EURUSDとドルインデックスの波動のリズムから考えてみる(2017年との類似性も)
例2 ドル円(USDJPY)
【USDJPY】相場分析20200229 急降下するドル円 下目線キープも飛び乗りは危険!

 

こんな感じです。通貨ペアや相場の状況にもよりますが、結構ガッツリと書いています。

環境認識ではどのような点に留意しているのか、各トレードでは何を(どの波を)、どこまで狙うのか、またその理由はなぜか、思考の過程をできるだけわかるように心がけているからです。

FXを勉強したい、チャート分析の方法を学びたいという方はぜひ下のボタンからTradingView上でフォローしてみてください。

新しい投稿の度に通知が届くようになります。

Tradingviewでフォローする

 

その他相場分析の紹介

 

Tradingviewってなに?

オンラインチャート分析プラットフォーム

Tradingview(トレーディングビュー)はオンラインで提供されるチャート分析ツールです。FXだけでなく、株価や商品先物、指数といったあらゆる金融商品のチャートをウェブブラウザ経由で見ることができ、世界中のトレーダーに使用されているプラットフォームです。

 

いつでもどこからでもお気に入りチャートにアクセス

クラウドサービスであるため、インターネットに接続さえしていればPC、タブレット、スマホのあらゆるデバイスからアクセスすることができます。自分が分析のために使っているインジケーターや水平線、トレンドラインが描かれたチャートを、いつでもどこからでも見ることができます。

 

使いやすいインターフェース

何よりチャートそのものが見やすいのと、ユーザーインターフェースがとても使いやすい点が魅力的です。下のチャートを実際に触って見てください。ウェブブラウザベースのチャートにも関わらず非常にスムーズに動作することがわかるでしょう。


アカウント登録は無料です。ぜひTradingviewのチャートを体験してみてください。

Tradingviewのアカウント登録はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Copyright© サバイサバイFX , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.