新着記事

Tradingview インジケーター

【Tradingview】上位足のボリンジャーバンドを表示するマルチタイムフレームボリンジャーバンドのインジケーターを公開(有料)

こんにちは、南国タイでFXトレーディングをしながらサバイサバイな暮らしをしているサンタです。

今回は、オンラインチャートツールであるTradingviewで僕が作成した有料インジケーターの紹介をしたいと思います。

作成したのは、「上位足のボリンジャーバンドを表示できるマルチタイムフレームボリンジャーバンド」です。

この記事では、インジケーターの目的とその仕様、設定方法について解説します。

※当インジケーターは有料での配布を行なっています。

この記事を読んでいただき、インジケーターが提供する機能がみなさんの目的にあったものであれば、記事後半にある購入手続きのページ(note.com)に進んでください。

 

マルチタイムフレームボリンジャーバンドとは?

マルチタイムフレームボリンジャーバンドとは、上位足のボリンジャーバンドを下位足に表示するインジケーターのことです。

例えば日足で表示しているボリンジャーバンドを4時間足や1時間足といった下位足で表示するためのインジケーターです。

Multi Time Frame Bollinger Bands(Daily/4H/1H)/MTFボリンジャーバンド - FX365_Thailand作成のインジケーター

Japanese below. / 日本語説明は下記 Summary This indicator shows 3 multi time frame Bollinger bands(MTF BB) from different time frames which is daily, 4 hour and 1 hour to lower time frames with 3 bands(+-1-3ς). Example: If you set daily BB, it will be shown on daily, 4hour, 1hour, 30M, 15M, 5M and 1M charts.

インジケーターの目的

上位足のボリンジャーバンドを下位足に表示することで、レジサポの判断に使うことを想定しています。

トレンドラインや水平線などの節目ラインは上位足で引けるラインの方が下位足のそれらよりもより強いレジスタンス・サポートになるというのはよく知られた事実だと思います。

この考え方をボリンジャーバンドに適用したものが当インジケーターです。

 

他のボリンジャーバンドインジケーターとの違い

Tradingviewで提供されている他のボリンジャーバンドインジケーターでは、よく以下の問題に直面します。

・上位足のボリンジャーバンドを表示しようとすると、さらに上位足でもそのバンドが表示され、チャートがみにくくなる。

例: 4時間足のボリンジャーバンドを下位足で表示可能な様に設定すると、日足や週足でも表示され、チャートがノイズだらけに・・・

・一つのインジケーターでは一つのボリンジャーバンドのみ表示。異なる時間軸のボリンジャーバンドを表示しようとするとその数だけインジケーターを追加する必要あり。

・バンドが一つしか設定できず、1-3シグマまで表示しようとするとインジケーターの数が不足する(特に無料プラン)。

これらの問題に対して、僕が作成したインジケーターでは、

・ボリンジャーバンドを表示する時間軸を制御することで不必要な情報を表示させない。これによりチャートをスッキリ見やすくすることができる

・一つのインジケーターで3つの異なる時間軸のボリンジャーバンドを表示し、かつそれぞれでプラスマイナス1-3のバンドを表示することでインジケーター数を節約

という工夫を加えることでこれらの問題を解決しています。

これがこのインジケーターが提供する付加価値だと考えています。

 

仕様

機能概要

・このインジケーターでは日足、4時間足、1時間足の3つの時間軸のボリンジャーバンドを表示します。

・それぞれのボリンジャーバンドはプラスマイナス1-3シグマまでのバンドと基準線を表示します。

・各バンドは表示・非表示の切り替えが可能です。(例: プラスマイナス2、3シグマのみ表示など)

・各ボリンジャーバンドの基準線(ミドルライン)はSMA(単純移動平均線)です。移動平均線の期間は自由に設定できます。初期値は20です。

・各ボリンジャーバンドは表示しているチャートの時間軸に応じて以下の様に表示されます。

日足のボリンジャーバンド : 日足, 4時間足、1時間足、30分足、15分足、5分足、1分足チャートにのみ表示(週足以上では非表示の仕様です。)

4時間足のボリンジャーバンド : 4時間足、1時間足、30分足、15分足、5分足、1分足チャートにのみ表示(日足以上では非表示の仕様です。)

1時間足のボリンジャーバンド : 1時間足、30分足、15分足、5分足、1分足チャートにのみ表示(4時間足以上では非表示の仕様です。)

・各ボリンジャーバンドは表示・非表示のフラグをON/OFFにすることで表示を制御することができます。

例えば1時間足のチャートでは日足のボリンジャーバンドのみを表示し、4時間足のボリンジャーバンドを表示させない、など。

まとめると下表の様になります。

 

設定画面

設定画面をみてもらうとイメージが湧きやすいと思いますので、実際の画面イメージを添付します。

実際に使われる時もこちらのページを参考に設定してみてください。といっても設定はとても簡単です。

それぞれのバンドは以下の様にチェックボックスのON/OFFで表示・非表示を制御可能です。

 

インジケーター設定後のサンプルチャート

ここでは日足(基準線:20SMA)、4時間足(基準線:20SMA)、1時間足(基準線:20SMA)を使って、日足、4時間足、1時間足、5分足のチャートのサンプルを紹介します。

 

日足

日足では日足ボリンジャーバンドしか表示されない設定ですので、4時間足や1時間足の設定が邪魔になりません。

ここがTradingviewで提供されている他のボリンジャーバンドインジケーターと違う点です。

 

4時間足

4時間足に日足と4時間足のボリンジャーバンドを表示した状態です。不要な場面では両方もしくはいずれか一方を非表示にすることができます。

 

1時間足

1時間足に日足と4時間足と1時間足のボリンジャーバンドを表示した状態です。

さすがにごちゃっとしているので、このまま使う方は少ないと思いますが、4時間足ボリンジャーバンドだけを表示するなどが可能です。

 

5分足

同じく5分足に全てのボリンジャーバンドを表示したチャートです。

短期トレードで上位足ボリンジャーバンドによる反発を狙う時などに活用できるのではないでしょうか。

 

Multi Time Frame Bollinger Bands(Daily/4H/1H)/MTFボリンジャーバンド - FX365_Thailand作成のインジケーター

Japanese below. / 日本語説明は下記 Summary This indicator shows 3 multi time frame Bollinger bands(MTF BB) from different time frames which is daily, 4 hour and 1 hour to lower time frames with 3 bands(+-1-3ς). Example: If you set daily BB, it will be shown on daily, 4hour, 1hour, 30M, 15M, 5M and 1M charts.

 

購入から設定までの流れ

さて、いかがでしたでしょうか。

興味を持った方、ぜひ使ってみたいという方は以下のリンク先(note.com)から購入手続きにお進みください。

当インジケーターはTradingviewの招待制インジケーターとなっています。

購入後のプロセスは購入ページに記載がありますが、こちらでインジケーターのアクセス権を設定してご連絡という流れとなります。その後みなさんがインジケーターを使えるようになります。

購入手続きはこちらからどうぞ

 

何か質問があればこのブログの問い合わせフォームやTradingViewのプライベートチャット(ID: FX365_Thailand)でご連絡ください。

TradingViewのインジケーター紹介ページのコメント欄はインジケーターそのものに対するコメントやアップデートの記載のためのものとなっております。Tradingviewのハウスルールを守るためにもコメント欄からの連絡はご遠慮ください。

 

【TradingView】有料プランのメリット5選を徹底解説(月数千円の自己投資です)

こんにちは、南国タイでFXトレーディングをしながらサバイサバイな暮らしをしているサンタです。 今回は、オンラインチャートツールであるTradingviewの有料プランに切り替えるメリット5選というテー ...

続きを見る

 

インジケーター開発のコンセプト

「良いインジケーターとはトレーダーの判断を手助けしてくれるものである。」

をコンセプトに開発を行っています。

今回紹介したインジケーターの他にも様々なオリジナルインジケーターをTradingViewで公開しています。

興味のある方は以下のTradingViewのページから他のインジケーターも確認してみてください。もしかしたら皆さんにとっても便利なインジケーターが見つかるかもしれません。

また、TradingViewでフォローすると新しいインジケーターのリリース時に通知が届きます。

最後に、お金は払えないけれどインジケーターそのものは良かったよという方はぜひTradingViewのインジケーター紹介ページからいいねを押していただけれると今後の開発のモチベーションにもなります。

他のオリジナルインジケーターも見る(TradingViewへジャンプ)

TradingViewでフォローする

僕が使っているチャートツールTradingviewはこちら



 

人気の記事

1

こんにちは、サバイサバイFXです。 今回の記事ではダウ理論の重要な考え方の一つである押し安値と戻り高値をどのように見つけたら良いのか、客観的に判断する方法について解説します。 僕自身もダウ理論を学ぶ中 ...

2

この記事は2021年4月13日にTradingViewに投稿したアイデアを元にしています。 TradingView【コラム】ビットコインのエリオット波動を超真面目に考えてみる FX365_Thaila ...

3

こんにちは、南国タイでFXトレーディングをしながらサバイサバイな暮らしをしているサンタです。 TradingViewで投稿している相場分析の読者の方からエリオット波動の「4波は1波の終点を超えてはいけ ...

4

今回は波動の見極め方のコツということで、チャートの横軸(時間軸)に注目した波動の特徴について共有したいと思います。 エリオット波動を分析に使われている方であれば、チャートの縦軸(価格軸)に着目し ...

5

以前別の記事でビットコインの2017年バブル時のチャートとフィボナッチ比率の関連性について言及しましたが、今回2021年2月の58000ドルからの下落もフィボナッチ数がピタリとハマ ...

Copyright© サバイサバイFX , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.