新着記事

トレード戦術

トレードでやることはこれだけです。

こんにちは、サバイサバイFXです。

この記事では他の記事とは異なり、トレードってやってることは実はすごいシンプルだということがお伝えできればいいかなと思っています。(シンプルを簡単/Easyと捉えてしまうと違った方向に向かってしまいますので注意が必要です。)

実際、僕が日々のトレードで行なっていることは以下だけです。

  1. 価格が伸びて到達する点、反発、反落の起点となりそうなライン(=ゾーン)を見極め
    エリオット波動やフィボナッチ、水平線といったツールを使って、波動と現在地の把握、到達点の予測、反発・反落の可能性がありそうなポイント(="注目ライン/ゾーン")を見極めます。一般的には環境認識と呼ばれる作業に該当します。
    僕の場合は上のツールを使いますが、ツールなので目的が達成できればなんでも良いと思います。平行チャネル、トレンドライン、ギャンとか色々あるものから自分に合ったもの、これでいけると自信のあるもので良いでしょう。
  2. 実際に価格がそのラインの近くまで来たらプライスアクションを見る
    下位足に切り替えて、注目するライン/ゾーン近くでのローソク足の反応を見ます。大体の場合はくちゃくちゃと揉みあいになります。もみ合いにはその形に応じて様々な名称がつけられており、ボックスレンジ、三角保ち合い、XXXトライアングル、ダイヤモンドといったかっこいい名前がつけられていますが決着が着いていない場所であることは共通です。
  3. プライスアクションで決着がついた方向についていく
    もみ合いが終了(=買いと売りの決着がつく)と上放れするか下放れするので、決着がついた方向についていきます。
    もちろん必ずしも決着のついた方向についていく必要はなくて、そこは個人の狙いと合った方向に動くかどうかで良いと思います。
    あるラインから反発して上昇していく動きを狙っていたのに、実際には下に動いてしまったのであれば、無理に下落を狙う必要はないですし、逆に見込みのある場所であれば下落を狙うのでも良いでしょう。(でも、そうするためにはあらかじめ上昇する場合と下落する場合のシナリオを持っておくのが望ましいですね。)
    決着が着いたといっても相場には"不確実性"というものが常にまとわりついています。このラインをブレイクしたら上に行く確率が高いけれども、そうはならない。だから一定の確率でその不確実性が現実のものとなってしまった時に大損をしないように、あらかじめ撤退の位置(SL)を決めておきます。そしてそのラインを超えてしまったら問答無用、悪即斬で手仕舞いを行います。

以上のように大きく3ステップで成り立っていますが、これを淡々と繰り返す作業です。

 

何かしらの参考になればと思います。

僕が使っているチャートツールTradingviewはこちら



 

人気の記事

1

こんにちは、サバイサバイFXです。 今回の記事ではダウ理論の重要な考え方の一つである押し安値と戻り高値をどのように見つけたら良いのか、客観的に判断する方法について解説します。 僕自身もダウ理論を学ぶ中 ...

2

この記事は2021年4月13日にTradingViewに投稿したアイデアを元にしています。 TradingView【コラム】ビットコインのエリオット波動を超真面目に考えてみる FX365_Thaila ...

3

こんにちは、南国タイでFXトレーディングをしながらサバイサバイな暮らしをしているサンタです。 TradingViewで投稿している相場分析の読者の方からエリオット波動の「4波は1波の終点を超えてはいけ ...

4

今回は波動の見極め方のコツということで、チャートの横軸(時間軸)に注目した波動の特徴について共有したいと思います。 エリオット波動を分析に使われている方であれば、チャートの縦軸(価格軸)に着目し ...

5

以前別の記事でビットコインの2017年バブル時のチャートとフィボナッチ比率の関連性について言及しましたが、今回2021年2月の58000ドルからの下落もフィボナッチ数がピタリとハマ ...

Copyright© サバイサバイFX , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.