新着記事

Tradingview インジケーター

【TradingView】50pips刻みのキリ番(ラウンドナンバー)を表示するインジケーター

こんにちは、サバイサバイFXです。

今回はTradingViewで50pips刻みのキリ番(ラウンドナンバー)を表示することのできるインジケーター「Round numbers above and below(Forex) 」を紹介します。

 

 

このインジケーターは、元々はTradingViewでDavitBrunet氏が公開しているインジケーター"ROUND-NUMBERS-INDICATOR-BY-DAVID-BRUNET"をライン種類、ライン色、ラインの太さを選択できるように改変したものです。

2021/09/05 更新: コモディティのうち原油、ゴールド、シルバーにも対応
・原油 :5ドルごと
・ゴールド: 5ドルごと
・シルバー: 50セントごと
のキリ番を表示します。

 

オリジナル: ROUND-NUMBERS-INDICATOR-BY-DAVID-BRUNET

ROUND-NUMBERS INDICATOR BY DAVID BRUNET

 

 

FXでより意識されるのは50pips刻みのキリ番

キリ番(ラウンドナンバー)というと、ドル円の110.00円やユーロドルの1.1700、1.2000といったように最後の二桁・三桁が0で終わる数字がもっとも意識されますが、

今回紹介するインジケーターが表示する110.50、1.1750などの50pips刻みのキリ番もよく意識されます。

もちろん110.20, 110.30といった10pips刻みのキリ番も意識されることはされますが、程度の強弱でいうと、

最後の二桁・三桁が0のキリ番(110.00円、1.1700など)  > 50pips刻みのキリ番(110.50など)   > 10pips刻みのキリ番(110.20など)

という順序になります。

 

 

TradingViewの標準機能でも50pips刻みは表示可能だが・・・

TradingViewの標準機能でも水平グリッド線を表示することで、キリ番を目立たせることは可能です。

このような感じです。⬇︎

 

ですが、これだとドル円では110.60,70,80といった10pips刻みのキリ番と50pips刻みのキリ番の両方がハイライトされ、どちらか一方を強調するといったことはできません。(2021年8月現在)

ちなみに水平グリッドラインは以下のチャート設定の画面から表示することが可能です。

 

 

 

今回紹介するインジケーターを使用すると、以下のように50pips刻みキリ番を強調することができます。

10pips刻みの線は不要という方は50pipsだけ表示してしまうのも手ですね。

 

 

 

インジケーターの使い方

TradingViewのアカウントを持っている方であれば、以下のリンクからお気に入り登録することで簡単に呼び出せます。

 

また、チャート上部のインジケーター追加ボタンから「Round numbers above and below(Forex) 」 と検索してもらえると見つかります。

 

 

TradingViewのアカウントを持っていない方は記事最下部のリンクから無料で作成することができます。

 

インジケーターの設定

パラメーター設定画面では下記の通り設定ができます。

※現状はFXの通貨ペアのみが対象です。

 

 

Line styleではsol(ソリッドライン)、dot(点線)、dsh(破線)の3種類を選ぶことができます。

Number of Lines Above and Belowは現在のレートからみて上下に何本キリ番を表示するかを制御します。

リプレイ機能を使って過去チャートを見る場合も、過去の時間軸におけるレートから見ての上下何本とみなされるので、通常は2-3を設定しておけば問題ないでしょう。

 

インジケーターの設定は以上です。

 

 

インジケーター開発のコンセプト

「良いインジケーターとはトレーダーの判断を手助けしてくれるものである。」

をコンセプトに開発を行っています。

今回紹介したインジケーターの他にも様々なオリジナルインジケーターをTradingViewで公開しています。

興味のある方は以下のTradingViewのページから他のインジケーターも確認してみてください。もしかしたら皆さんにとっても便利なインジケーターが見つかるかもしれません。

また、TradingViewでフォローすると新しいインジケーターのリリース時に通知が届きます。

他のオリジナルインジケーターも見る(TradingViewへジャンプ)

TradingViewでフォローする

 

 

僕が使っているチャートツールTradingviewはこちら



人気の記事

1

こんにちは、サバイサバイFXです。 今回の記事ではダウ理論の重要な考え方の一つである押し安値と戻り高値をどのように見つけたら良いのか、客観的に判断する方法について解説します。 僕自身もダウ理論を学ぶ中 ...

2

コラムと題して様々な金融商品·銘柄の長期エリオット波動分析を投稿している波動分析シリーズ。 これまで色々な金融商品を取り上げてきましたが、為替の中で我らがドル円を取り上げないわけにはい ...

3

こんにちは、南国タイでFXトレーディングをしながらサバイサバイな暮らしをしているサンタです。 TradingViewで投稿している相場分析の読者の方からエリオット波動の「4波は1波の終点を超えてはいけ ...

4

こんにちは、サバイサバイFXです。 今回は波動の解説記事として、エリオット波動の5波狙いはなぜ難しいのか? という理由とそのリスクについて解説します。 エリオット波動を使っている人にとっては、1波や3 ...

5

今回は波動の見極め方のコツということで、チャートの横軸(時間軸)に注目した波動の特徴について共有したいと思います。 エリオット波動を分析に使われている方であれば、チャートの縦軸(価格軸)に着目し ...

6

この記事は2021年4月13日にTradingViewに投稿したアイデアを元にしています。 TradingView【コラム】ビットコインのエリオット波動を超真面目に考えてみる FX365_Thaila ...

Copyright© サバイサバイFX , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.