新着記事

Tradingview

【TradingView】三役好転・三役逆転シグナルを表示する一目均衡表インジケーター

こんにちは、南国タイでFXトレーディングをしながらサバイサバイな暮らしをしているサンタです。

今回は、オンラインチャートツールであるTradingviewで三役好転・三役逆転のシグナルを表示可能な一目均衡表インジケーターを紹介したいと思います。

一目均衡表を表示できるインジケーターはTradingViewからも標準インジケーターとして提供されていますが、三役好転・三役逆転シグナルを表示することはできません。

これらのシグナルをチャートに表示してトレードチャンスを探りたいトレーダーにとっては、悩ましい問題ですが、実はTradingViewのユーザが独自に開発したインジケーターでは三役好転・三役逆転のシグナルを表示できるインジケーター⬇️があるのです。

Ichimoku Cloud - Alerts - Indicator by pune3tghai

Ichimoku cloud IC is a trend - following system with an indicator similar to moving averages It predicts price movements Offers a unique perspective of support and resistance levels. Conversion Line (Turning Line) - Measures Short Term Trend - SIgnals an area of minor support and resistance Base Line (Confirmation Line) Measures Medium term trend Used as Trailing Stop Level.

この記事ではこちらのインジケーターの使い方を紹介します。

 

三役好転・三役逆転とは?

三役好転とは以下の条件が全て揃った場合の総合的なシグナルであり、強い買いシグナルです。

三役好転の条件

  • 転換線が基準線を上回る
  • 遅行スパンが現在の価格を上回る
  • 現在の価格が雲を上抜ける

これとは反対の条件が揃った時を三役逆転と言い、こちらは強い売りシグナルを示します。

三役逆転の条件

  • 転換線が基準線を下回る
  • 遅行スパンが現在の価格を下回る
  • 現在の価格が雲を下抜ける

今回紹介するTradingViewのインジケータIchimoku Cloud - Alerts ではこれらの条件が揃った場合にチャート上にシグナルを表示することができます。

以下でその設定方法を説明します。

 

設定画面

設定画面をみてもらうとイメージが湧きやすいと思いますので、実際の画面イメージを添付します。

実際に使われる時もこちらのページを参考に設定してみてください。といっても設定はとても簡単です。

<インジケーター設定画面>

TradingViewのチャート画面上部にある"fx"ボタンを押下します。

 

インジケーター検索画面で、"Ichimoku Cloud - Alerts"と検索してください。

インジケーターが表示されたらクリックしてください。

 

<パラメーター設定画面>

パラメーター設定画面はTradingView標準の一目均衡表インジケーターとほぼ同じです。

一番上に時間足という項目が追加されていますが、これは今見ている時間軸より上位の時間軸を選ぶことにより、マルチタイムフレームの一目均衡表としても使えることを示します。

 

<スタイル設定画面>

基準線や転換線などの各ラインの太さや色を指定することができます。

SpanA, Bはそれぞれ先行スパンA,Bを表します。

プロットという項目が二つ存在していますが、これらは重複していると思われるのでチェックを外して良いでしょう。

Ichi Buy〜Cloud Sellがチャートに表示されるシグナルを表していますが、これらはそれぞれ以下の条件で表示されます。

・Ichi Buy -> 三役好転が発生した時のシグナル

・Ichi Sell -> 三役逆転が発生した時のシグナル

・Cloud Buy ->価格が雲を上抜けた時のシグナル

・Cloud Sell ->価格が雲を下抜けた時のシグナル

三役好転・三役逆転だけ表示したいという方は上の二つだけチェックしておけば良いでしょう。

設定は以上で完了です。

実際にインジケーターを設定したチャートを見てみましょう。

 

インジケーター設定後のサンプルチャート

ポンド円の1時間足にインジケーターを表示した状態です。

緑と赤の▲で三役好転・三役逆転のシグナルが表示されています。

このシグナルが表示されたら、買いまたは売りのチャンスと考えることができます。実際に緑のシグナル発生後に上昇トレンドが、赤のシグナル後に下降トレンドが発生していますね。

三役好転、三役逆転により強いトレンドが発生したと考えられるでしょう。

 

いかがでしたでしょうか。

TradingViewの以下のページでは開発者によるインジケーターの詳細説明(英語)が公開されています。

詳しく仕様を見てみたいという方は確認してみてください。

Ichimoku Cloud - Alerts - Indicator by pune3tghai

Ichimoku cloud IC is a trend - following system with an indicator similar to moving averages It predicts price movements Offers a unique perspective of support and resistance levels. Conversion Line (Turning Line) - Measures Short Term Trend - SIgnals an area of minor support and resistance Base Line (Confirmation Line) Measures Medium term trend Used as Trailing Stop Level.

 

TradingViewではこのように世界中のトレーダーたちが日々オリジナルのインジケーターを開発し公開しています。

僕自身もオリジナルのインジケーターをいくつか公開していますので、興味のある方は以下のTradingViewのページから他のインジケーターも確認してみてください。もしかしたら皆さんにとっても便利なインジケーターが見つかるかもしれません。

他のオリジナルインジケーターも見る(TradingViewへジャンプ)

 

僕が使っているチャートツールTradingviewはこちら



 

人気の記事

1

こんにちは、サバイサバイFXです。 今回の記事ではダウ理論の重要な考え方の一つである押し安値と戻り高値をどのように見つけたら良いのか、客観的に判断する方法について解説します。 僕自身もダウ理論を学ぶ中 ...

2

この記事は2021年4月13日にTradingViewに投稿したアイデアを元にしています。 TradingView【コラム】ビットコインのエリオット波動を超真面目に考えてみる FX365_Thaila ...

3

こんにちは、南国タイでFXトレーディングをしながらサバイサバイな暮らしをしているサンタです。 TradingViewで投稿している相場分析の読者の方からエリオット波動の「4波は1波の終点を超えてはいけ ...

4

今回は波動の見極め方のコツということで、チャートの横軸(時間軸)に注目した波動の特徴について共有したいと思います。 エリオット波動を分析に使われている方であれば、チャートの縦軸(価格軸)に着目し ...

5

以前別の記事でビットコインの2017年バブル時のチャートとフィボナッチ比率の関連性について言及しましたが、今回2021年2月の58000ドルからの下落もフィボナッチ数がピタリとハマ ...

Copyright© サバイサバイFX , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.