新着記事

Tradingview インジケーター

【TradingView】売り買い強いのはどっち?ブルパワーベアパワーインジケーター

こんにちは、サバイサバイFXです。

今回は、オンラインチャートプラットフォームであるTradingviewのインジケーターの中から、売りと買いの強さを可視化するインジケーター「ブルパワー・ベアパワー」の紹介をしたいと思います。

ブル(Bull)というのは英語では上昇トレンドや買い勢力を意味する言葉として、ベア(Bear)は下降トレンドや売り勢力を意味する言葉として使われています。

それらのパワーということで、売りと買いそれぞれの強さを表示するインジケーターということになります。

【FXトレード英単語集】FXトレード用語を英語で学ぼう

こんにちは、サバイサバイFXです。 この記事では株やFX、仮想通貨トレードなどで頻繁に使われているトレード用語は英語で何というのかをご紹介します。 みなさんが英語でトレードの発信を行ったり、海外のサイ ...

続きを見る

 

日本人トレーダーにはあまり知られていませんが、欧米トレーダーの間では知名度も高く、TradingViewでも多くのインジケーターが公開されています。

このような感じ⬇︎のインジケーターです。

 

上昇トレンドの時は中央のゼロラインより上側に多くの山ができ、下降トレンドの時はゼロラインの下側に多くの山ができているのがわかると思います。

このように山ができる領域と山の高さによって売りと買いのどちらが現在優勢なのかを可視化してくれるインジケーターです。

 

この記事では、ブルパワー・ベアパワーが具体的にどのようなインジケーターかを解説するとともに、計算式やその意味、TradingViewで公開されているブルパワー・ベアパワーインジケーターの中からオススメのものを紹介したいと思います。

 

ブルパワーベアパワーとは

ブルパワー・ベアパワーはAlexander Elder氏によって1989年に開発されたインジケーターです。

実はAlexander Elder氏が開発した当初は、Elder RayまたはElder-ray indexという名前で公開されており、そのインジケータを構成する要素としてブルパワー・ベアパワーが存在するというものでした。

Elder Rayというネーミングは市場を読み取るX線(X-Ray)をイメージして名付けたとされています。

その後時を経てブルパワー・ベアパワーという呼び名がよく使われるようになり、ブルパワー・ベアパワーがそのままインジケーター名として浸透していったという経緯があります。

正しい名称はElder RayまたはElder-ray indexで、通称としてブルパワー・ベアパワーがよく知られていると言っても良いでしょう。

 

計算式とその意味

ブルパワー・ベアパワーの計算式は非常にシンプルです。

ブルパワーについては現在のローソク足の高値から移動平均線の値を引いた値を、ベアパワーについては移動平均線の値から現在のローソク足の安値を引いた値をそれぞれプロットしたものとなっています。

移動平均線の期間は13がデフォルトとして設定されています。

 

計算式

ブルパワー: 高値 - 移動平均線の値

ベアパワー: 移動平均線の値 - 安値

 

つまり、移動平均線から高値が乖離していればしているほど買いの力が強く、また安値が移動平均線から乖離していればしているほど売りの力が強いと判断する、というインジケーターです。

移動平均線からの乖離ということで非常にわかりやすいですし、価格と移動平均線の位置関係から買い・売りのエントリーポイントを定義するグランビルの法則とも相性が良さそうなインジケーターと言えるのではないでしょうか。

 

TradingViewでのオススメインジケーター

ここまでブルパワー・ベアパワーの概要について説明をしてきましたが、TradingViewで使えるブルパワー・ベアパワーのオススメのインジケーターを紹介します。

TradingViewではブルパワー・ベアパワーという名前のついたインジケーターが多く公開されていますが、Elder Ray氏考案のものとは計算式も異なるものもあります。どのようなロジックで算出されているインジケーターなのか不明確な場合は使わないのが無難でしょう。

ここで紹介する「Elder Ray Bull and Bear Power Oscillators」は前述の通り、移動平均線からの乖離で計算するElder Ray氏考案のオリジナルと同じものです。

TradingViewをすでに使っている方は以下のリンクからインジケーターにアクセスし、お気に入りに追加することで呼び出すことができます。

設定画面は移動平均線の期間のみなので特に設定で迷うことはないと思います。

みなさんが普段使っている手法やインジケーターと組み合わせるなどして検証してみてはいかがでしょうか。

 

【TradingView】トレンドが一目瞭然! 億万長者が生み出したインジケーター、 スーパートレンド

こんにちは、サバイサバイFXです。 今回は、オンラインチャートプラットフォームであるTradingviewのインジケーターの一つであるスーパートレンド(Supertrend)の紹介をしたいと思います。 ...

続きを見る

【TradingView】あったらいいなを叶えるインジケーター(オリジナルインジケーターまとめ)

こんにちは、南国タイでFXトレーディングをしながらサバイサバイな暮らしをしているサンタです。 この記事では、僕がオンライントレードプラットフォームであるTradingviewで開発したオリジナルインジ ...

続きを見る

僕が使っているチャートツールTradingviewはこちら



人気の記事

1

こんにちは、サバイサバイFXです。 今回の記事ではダウ理論の重要な考え方の一つである押し安値と戻り高値をどのように見つけたら良いのか、客観的に判断する方法について解説します。 僕自身もダウ理論を学ぶ中 ...

2

この記事は2021年4月13日にTradingViewに投稿したアイデアを元にしています。 TradingView【コラム】ビットコインのエリオット波動を超真面目に考えてみる FX365_Thaila ...

3

こんにちは、南国タイでFXトレーディングをしながらサバイサバイな暮らしをしているサンタです。 TradingViewで投稿している相場分析の読者の方からエリオット波動の「4波は1波の終点を超えてはいけ ...

4

今回は波動の見極め方のコツということで、チャートの横軸(時間軸)に注目した波動の特徴について共有したいと思います。 エリオット波動を分析に使われている方であれば、チャートの縦軸(価格軸)に着目し ...

5

以前別の記事でビットコインの2017年バブル時のチャートとフィボナッチ比率の関連性について言及しましたが、今回2021年2月の58000ドルからの下落もフィボナッチ数がピタリとハマ ...

Copyright© サバイサバイFX , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.