新着記事

FX

【FXトレード英単語集】FXトレード用語を英語で学ぼう

こんにちは、サバイサバイFXです。

この記事では株やFX、仮想通貨トレードなどで頻繁に使われているトレード用語は英語で何というのかをご紹介します。

みなさんが英語でトレードの発信を行ったり、海外のサイトやYoutubeなどでトレードを学ぶ際の参考になればと思います。

また、この記事はTradingViewで僕が投稿したアイデアを元にしています。

アイデアの方では、適宜コメント欄での質疑応答で新しい単語の英語での言い回しが更新されていますので、探している単語が以下で見つからない場合は、オリジナルの投稿アイデアも確認して見てください。

 

オリジナルのアイデア投稿はこちら

------------------------------------------------------------------------------------------------
FX
->Forex

FXでも通じないことはないですが、特に口語だと "?" となる可能性があります。圧倒的に使われているのはForexです。
Foreign exchangeの略でForexです。

ローソク足
->Candlestick

ローソクは日本語でもキャンドルとして馴染みがあるようにCandleを持ちいてCandlestickと言います。足ではなくて、棒としての見た目を表しているところが面白いです。

陽線
->Bullish Candlestick (White Candlestickとも呼ばれる)
Bullishは強気という意味。

大陽線を表現するときは頭にBigをつけてBig Bullish Candlestickです。

陰線
->Bearish Candlestick (Black Candlestick とも呼ばれる)
Bearishは弱気という意味。

大陰線を表現するときは頭にBigをつけてBig Bearish Candlestickです。

上ヒゲ
->WickまたはUpper shadow
Wickとはローソクの芯を意味します。見た目そのままですね。

下ヒゲ
->TailまたはLower shadow
Tailは尻尾のこと。ローソクの実体に尻尾が生えたような形をしているからでしょう。

ローソク足の実体
->Real body

高値
->High
この辺りは日本語表記のチャートソフトでも表示されていますし馴染みやすいですね。

安値
->Low

始値
->Open

終値
->Close

環境認識

1. Market environment analysis
為替であればforex market environment、株であればstock market environment

2.Trading environment analysis
個人的な印象ですが、1はマクロ経済的視点やファンダメンタルズも考慮した市場全体を扱うのに対し、2は各トレーダーがトレードを実行する状況(例えばポンドが一時急落していたetc.)や時間軸に焦点を当てた分析というニュアンスがあると思います。
日本語でいう(トレードの)環境認識に一番近いニュアンスを持っているのは2だと思います。もちろん1を使っても特に違和感はないですし、伝わります。

為替や株の話をしているという文脈であれば

3.Environmental analysis(またはenvironment analysis)
だけでも通じますし、実際に見かけます。

4.Weekly forecast
向こう1週間の相場の見通し/予測という意味です。Weeklyをmonthlyなどに変えればその期間の見通しになります。
日本語のメディアでも為替や株で来週のドル円相場の展望や日系225の動きの予測記事というのはよくありますが、そういったものに該当します。
ドル円であればUSD/JPY Weekly Forecastといった感じですね。

 

ローソク足パターン
->Candlestick pattern

相場
-> Market

上昇トレンド
->Upward trend

下降トレンド
->Downward trend

レンジ
->Range

長期トレンド
->Long term trend

短期トレンド
->Short term trend

トレンドライン
->Trend line

チャネルライン
->Channel
英語でもラインをつけずにチャネルというだけで通じます。

上昇チャネル
->Ascending channel

下降チャネル
->Descending channel

中央線
->Middle line

利確
->Take profit
利益を取るという意味でTakeを使います。

損切り
->Loss cut(名詞) またはCut loss

損小利大
->Cut Losses Short, Let Profits Run On
Letを使うのが英語らしいと感じるのは僕だけでしょうか。

含み益
->Unrealized gain
まだ実現していないという意味でUnrealizedを使います。

含み損
->Unrealized loss

抵抗線
->Resistance

レジサポは日本語でも使われているままです。

支持線
->Support

ポジション
->Position

買いポジション
->Long position

売りポジション
->Short position

移動平均線
->Moving average(MA)

フィボナッチリトレースメント
-> Fibonacci retracement

1万通貨/何万通貨
->例えばドル円の1万通貨を保有していると言う場合、I have 0.1 lot of USDJPYでも通じます。日本に限らず世界でも1LOT =100,000通貨が標準です。
丁寧に書くのであれば、1000 UNITS OF CURRENCY, 10000 units of currency などが日本語の1000通貨、10000通貨に合った書き方になります。

押し安値
->Higher Low

戻り高値
->Lower High

押し目買い/戻り売り

押し目買いはbuy the dip、戻り売りはsell the ripです。

dipは下がるとか沈むといった意味なので、価格が上がってから一旦沈んだところで買いという意味。

ripはpull(引っ張る)の類語でもあるので、一度落ちたプライスが再度上に引き上げられたところが売りのポイント、というニュアンスでしょうか。

ガチホ

株や仮想通貨の取引での(超)長期保有を指す言葉ですが、英語ではHODL(Hold for Dear Life)と言います。日本語読みだとホードゥルとかホードゥリングという読み方になります。

元々は保有を意味するHoldを誰かがスペルを誤ってHodlとSNSに投稿したことから転じて生まれた言葉のようです。一般的な英語辞書には載っていない単語です。

 

随時更新していきますので、知りたい単語・表現がありましたらTradingViewのアイデアのコメント欄からお願いします。

 

オリジナルのアイデア投稿はこちら

 

僕が使っているチャートツールTradingviewはこちら



 

人気の記事

1

こんにちは、サバイサバイFXです。 今回の記事ではダウ理論の重要な考え方の一つである押し安値と戻り高値をどのように見つけたら良いのか、客観的に判断する方法について解説します。 僕自身もダウ理論を学ぶ中 ...

2

この記事は2021年4月13日にTradingViewに投稿したアイデアを元にしています。 TradingView【コラム】ビットコインのエリオット波動を超真面目に考えてみる FX365_Thaila ...

3

こんにちは、南国タイでFXトレーディングをしながらサバイサバイな暮らしをしているサンタです。 TradingViewで投稿している相場分析の読者の方からエリオット波動の「4波は1波の終点を超えてはいけ ...

4

今回は波動の見極め方のコツということで、チャートの横軸(時間軸)に注目した波動の特徴について共有したいと思います。 エリオット波動を分析に使われている方であれば、チャートの縦軸(価格軸)に着目し ...

5

以前別の記事でビットコインの2017年バブル時のチャートとフィボナッチ比率の関連性について言及しましたが、今回2021年2月の58000ドルからの下落もフィボナッチ数がピタリとハマ ...

Copyright© サバイサバイFX , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.