新着記事

FX Tradingview チャート分析

【TradingView】時間軸の重要性と時間軸に対してアラート設定する方法

こんにちは、南国タイでFXトレーディングをしながらサバイサバイな暮らしをしているサンタです。

今回は、オンラインチャートツールであるTradingviewで時間軸に対してアラート設定する方法を紹介したいと思います。

TradingViewでは時間軸(1時間足や4時間足etc.)に対してアラート設定できることをご存知でしょうか?

細かい設定の話をする前に、意外と見過ごされがちな時間軸の重要性について触れておきたいと思います。

 

時間軸の重要性

例えば4時間足レベルでサポートやレジスタンスとなっているトレンドラインがあったとします。

このトレンドラインをブレイクといった時に、皆さんはどの時間軸でブレイクかどうかを判断しますか?

4時間足のローソクの安値を結んでできたものが4時間足レベルで認識できるトレンドラインなのですから、当然4時間足でブレイクして初めてブレイクしたと言えますよね。

下位足である1時間足や15分足でそのトレンドラインをブレイクしたとしても、次の足でブレイク前の価格水準へ戻ってきた場合、結局4時間足で見るとトレンドラインの外側にはヒゲが伸びているだけと言うことになってしまいます。

そうなると多くの場合は、そのトレンドラインはまだ有効なラインとして機能し続けることが多いため、15分足でブレイクしたのを見てエントリーしても価格が逆行して損切りに合うと言うことは往々に発生します。

実際のチャートを例にとって説明します。

下のチャートはEURUSDの1時間足です。

パープルのトレンドラインを大きな陰線でブレイクしています。

直近安値も更新していますし、高値も切り下がってきている。

なんか下落していきそうな雰囲気ですよね?

よし、トレンドラインまで戻ったところで売りだ!

なんてショートをしたとします。

すると、数時間後にはスルスルとまたラインの上まで価格が戻ってきてしまいました。

陽線を連発していて力強い上昇のようにも見えます。

 

「しまった!! ・・・損切りするしかないか??」

 

 

と思って上位足である4時間足を見たら・・・

 

 

下ひげガッツリで「ガーーーン・・・」

 

と言う経験はありませんか?

 

これはトレンドラインが効いている時間軸を見誤った時の例の一つです。

この例に基づくと、4時間足で認識できるトレンドラインであれば、4時間足でブレイクして初めてそのトレンドラインの有効性が崩れると判断できるのです。

だったら4時間足でブレイクした時にアラートでお知らせしてくれたら便利ですよね?

ということで、以下時間軸に対してどうやってアラートを設定するのかを解説します。

 

時間軸ごとのアラート設定方法

方法といってもとても簡単です。

アラートを設定したい時間軸のチャートを開いてアラート設定するだけです。

例えば冒頭紹介したような4時間足レベルで認識できるトレンドラインを4時間足でブレイクした時にアラート通知するようにしたい場合は、

4時間足チャートを開いて、トレンドラインをクリックしてアラートを設定します。

 

 

アラートのメロディも複数から選択できるので、時間軸ごとに音色を変えてみるのもいいかもしれませんね。

 

今回は以上です。

時間軸の重要性について今まで考えたことがなかったという方はぜひこの考えをトレードに取り入れてみてください。

 

 

 

僕が使っているチャートツールTradingviewはこちら



 

人気の記事

Copyright© サバイサバイFX , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.