Tradingview インジケーター

【TradingView】過去指定期間(N日間/N週間/Nヶ月)の高値・安値を表示するインジケーター

こんにちは、サバイサバイFXです。

今回はオンラインチャートプラットフォームTradingViewで僕が開発したオリジナルインジケーター 「Previous N Days/Weeks/Months High Low」 を紹介します。

このインジケーターはパラメーターで指定した期間に基づき、過去数日間、数週間、数ヶ月という特定期間での高値・安値を表示することのできるインジケーターです。

例えば、過去20日間の高値安値をチャートに表示するといった使い方ができます。

 

 

 

以前から大人気を博している高値安値インジケーター⬇️「High Low Yesterday/Today/Last Week/Last Month」の姉妹版とも言えるインジケーターです。

【Tradingview】当日・前日・先週・先月の高値/安値をチャートに表示する方法(メール配信アラート付き)

こんにちは、サバイサバイFXです。 今回は、オンラインチャートツールであるTradingviewの便利ワザとして、当日・前日・先週・先月の高値/安値をチャートに表示する方法について解説をしていきます。 ...

続きを見る

 

この記事では当インジケーターの機能について解説します。

 

サポート・レジスタンスとして意識される過去N期間高値・安値

昨日、先週、先月の高値·安値と同様に、四半期などの過去一定期間の高値·安値はサポート·レジスタンスとして良く意識されます。

伝説のトレーダー集団タートルズも20日間の高値·安値のブレイクを取引ルールの一つとして使用していたことで有名です。


 

前日、先週、先月の高値·安値については、以前に別のインジケーターを公開していますので合わせて確認してみてください。僕が公開しているインジケーターの中で一番人気のインジケーターです。

【Tradingview】当日・前日・先週・先月の高値/安値をチャートに表示する方法(メール配信アラート付き)

こんにちは、サバイサバイFXです。 今回は、オンラインチャートツールであるTradingviewの便利ワザとして、当日・前日・先週・先月の高値/安値をチャートに表示する方法について解説をしていきます。 ...

続きを見る

 

仕様

機能概要

1. 過去N日間、N週間、Nヶ月の高値・安値を表示

パラメーターで設定した数値Nを元に、過去N日間、N週間、Nヶ月の高値・安値ラインをチャートに描画します。

計算式は、例えば過去2日間の高値の場合、昨日と一昨日の高値のうち高い方の高値を過去2日間の高値とします。

数週間高値、数ヶ月高値の場合も同じ考え方です。つまり、まだ足が未確定である当日、今週、今月は含みません。

 

 

 

2. アラート設定

以下の条件でアラートを設定することができます。

・N日間高値を上方ブレイク
・N日間安値を下方ブレイク
・N週間高値を上方ブレイク
・N週間安値を下方ブレイク
・Nヶ月高値を上方ブレイク
・Nヶ月安値を下方ブレイク

 

 

設定画面

<パラメーター設定画面>

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上3段の入力項目には、指定したい期間を入力します。

"Number of candles to look back to draw line"の項目は高値・安値のラインを描画するにあたって、何本前のバーにまで遡って描画するかを決定します。0と入力すると全ての過去バーに対してラインを描画します。

直近のバーにだけラインが描画されれば良いという場合は、適当な数字を入力して調節してください。

 

 

以下のTradingViewリンクからお気に入り登録すると簡単にインジケーターを呼び出すことができます。

 

 

 

インジケーター開発のコンセプト

「良いインジケーターとはトレーダーの判断を手助けしてくれるものである。」

をコンセプトに開発を行っています。

今回紹介したインジケーターの他にも様々なオリジナルインジケーターをTradingViewで公開しています。

興味のある方は以下のTradingViewのページから他のインジケーターも確認してみてください。もしかしたら皆さんにとっても便利なインジケーターが見つかるかもしれません。

また、TradingViewでフォローすると新しいインジケーターのリリース時に通知が届きます。

最後に、このインジケーター良かったよ!という方は以下のリンクからTradingViewで高評価していただけると、今後のインジケーター開発の参考になります。

TradingViewでフォローする

 

 

僕が使っているチャートツールTradingviewはこちら



人気の記事

1

こんにちは、サバイサバイFXです。 今回の記事ではダウ理論の重要な考え方の一つである押し安値と戻り高値をどのように見つけたら良いのか、客観的に判断する方法について解説します。 僕自身もダウ理論を学ぶ中 ...

2

こんにちは、サバイサバイFXです。 この記事では過去の米国株の弱気相場について振り返ってみたいと思います。   2022年5月20日の米国市場ではSP500が一時弱気相場(ベアマーケッ ...

3

こんにちは、サバイサバイFXです。 この記事ではダウ理論の目線付けの二つの方法を解説するとともに、オンラインチャートプラットフォームであるTradingViewで僕が開発したオリジナルインジケーター「 ...

4

コラムと題して様々な金融商品·銘柄の長期エリオット波動分析を投稿している波動分析シリーズ。 これまで色々な金融商品を取り上げてきましたが、為替の中で我らがドル円を取り上げないわけにはい ...

5

こんにちは、サバイサバイFXです。 仮想通貨の冬入りが騒がれていますね。 この投稿では、過去の仮想通貨の”冬”ではどの程度の期間停滞が続いたのか、ビットコインを例に振り返ってみたいと思い ...

6

こんにちは、サバイサバイFXです。 この記事では相場の動きの特徴であるN波動に焦点を当ててみたいと思います。   相場の動きはすべてN字と逆N字に分解することができます。 この視点 ...

7

こんにちは、南国タイでFXトレーディングをしながらサバイサバイな暮らしをしているサンタです。 TradingViewで投稿している相場分析(こちら)の読者の方からエリオット波動の「4波は1波の終点を超 ...

8

こんにちは、サバイサバイFXです。 今回は波動の解説記事として、エリオット波動の5波狙いはなぜ難しいのか? という理由とそのリスクについて解説します。 エリオット波動を使っている人にとっては、1波や3 ...

9

こんにちは、サバイサバイFXです。 今回は、タイトルにもある通り「MACDのゴールデンクロスだけで勝てるのか?」という疑問に対して、30年分のデータを使って検証した結果について共有していきたいと思いま ...

10

今回は波動の見極め方のコツということで、チャートの横軸(時間軸)に注目した波動の特徴について共有したいと思います。 エリオット波動を分析に使われている方であれば、チャートの縦軸(価格軸)に着目し ...

error: Content is protected !!

Copyright© サバイサバイFX , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.