新着記事

トレード戦術

車の運転とトレンド転換は似ている

こんにちは、サバイサバイFXです。

今回の記事では車の運転とトレンドの転換は似ているというテーマで書いてみたいと思います。

こんな悩みを持っている方に

  • エントリーが早いんです
  • 損切りした後に思った方向に伸びていくんです

という方は意識してみると良いかもしれません。

 

図解

 

車の運転

車を運転する方にとっては当たり前の話ですが、車が曲がるときは、

①カーブが近づくにつれて徐々に減速し

②低速で曲がり

③出口が近づくにつれて、徐々にアクセルを踏み加速

という行動を自然に取っていると思います。

 

トレンドの転換

相場においてトレンドが転換する時というのは、この車が曲がる時に非常によく似ています。

 

下降トレンドから上昇トレンドへの転換を例に取ると、

①下がる

②止まる=>
·安値更新しない
·レンジになる
·チャートパターン(Wボトムや逆三尊)が形成される

③上がる

という3ステップでトレンドは変わっていきます。

 

こうやって文字にすると簡単に見えますが、実際には早いエントリーに悩む多くの人が①で買ってしまいます。

そして含み損に耐えられなくなって損切りすると、その後思った方向に伸びていくという事象が起きます。

これは車の運転で言えば、十分に減速しないでカーブに突っ込むようなものです。

数千億円、数兆円という資金を投じることのできる機関投資家であれば、下がっている流れを止めることはできるかもしれませんが、僕ら個人投資家が下がっているところで買ったって、それは走ってくるダンプカーをうちわを扇いで止めようとしているようなもの。

ダンプカーに立ち向かうのは武田鉄矢さんだけで十分です。

 

車は急に止まれない(曲がれない)のと同様に、トレンドは急には変わりません。

しっかりと②止まるのを待って、③上がっていくところで買っていけばいいわけです。

 

上位足でのトレンド転換を狙うときはもちろん、押し目買い/戻り売り(=下位足でのトレンド転換)の時には、

「俺、下がってるところで買ってない?」

「私、止まったの確認したっけ?」

って自問自答するだけでも、だいぶ無駄なエントリー·早打ちをなくすことができるはずです。

 

※この記事はTradingViewに投稿したアイデアを記事化したものです。TradingViewでは様々な通貨ペアの相場分析とともに今回のようなトレードに役立つTips系の内容をコラムとして投稿しています。

僕が使っているチャートツールTradingviewはこちら



人気の記事

1

こんにちは、サバイサバイFXです。 今回の記事ではダウ理論の重要な考え方の一つである押し安値と戻り高値をどのように見つけたら良いのか、客観的に判断する方法について解説します。 僕自身もダウ理論を学ぶ中 ...

2

コラムと題して様々な金融商品·銘柄の長期エリオット波動分析を投稿している波動分析シリーズ。 これまで色々な金融商品を取り上げてきましたが、為替の中で我らがドル円を取り上げないわけにはい ...

3

こんにちは、南国タイでFXトレーディングをしながらサバイサバイな暮らしをしているサンタです。 TradingViewで投稿している相場分析(こちら)の読者の方からエリオット波動の「4波は1波の終点を超 ...

4

こんにちは、サバイサバイFXです。 今回は波動の解説記事として、エリオット波動の5波狙いはなぜ難しいのか? という理由とそのリスクについて解説します。 エリオット波動を使っている人にとっては、1波や3 ...

5

今回は波動の見極め方のコツということで、チャートの横軸(時間軸)に注目した波動の特徴について共有したいと思います。 エリオット波動を分析に使われている方であれば、チャートの縦軸(価格軸)に着目し ...

6

この記事は2021年4月13日にTradingViewに投稿したアイデアを元にしています。 TradingView【コラム】ビットコインのエリオット波動を超真面目に考えてみる FX365_Thaila ...

Copyright© サバイサバイFX , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.