新着記事

相場分析

【GBPCHF/ポンドフラン🇬🇧🇨🇭】相場分析20210514 美波動通貨ペアポンドフランの日足上昇5波狙いロング

【サマリ】
波動が綺麗に出ている通貨ペアとして年初から注目しているポンドフランですが、日足レベルの調整を終え上昇トレンド回帰の期待が高まっています。

年初から強い地合いが続いているポンドと、どちらかといえば弱いスイスフランの組み合わせでファンダメンタル的にも上昇の後押しを得やすい通貨であるとして注目しています。

環境認識から日足の上昇5波目を狙うロング戦略の考察です。

【環境認識&詳細】
週足

2020年は週足レベルの保ち合い相場が続いていましたが、年初にそのレンジを大きくブレイクし、週足の下降トレンドライン(パープル)もブレイク。
直近は調整と思われる下げで週足の下降トレンドライン付近まで下落してきた後、陽線で反発を見せたという場面です。
波動の観点では、パープルの下降5波動からの切り返しで上昇3波まで形成。ここから5波目を発動して上昇継続が期待できる局面です。

snapshot

この週足をさらに超長期スパンで眺めたのが以下のチャートですが、
月足ベースで認識できる下降5波動(I)〜(Ⅴ)が終了して、これからその切り返しの上昇1波目を形成していく可能性を見ることができます。

snapshot

日足
2021年に入ってからの大きな上昇の後、調整の下落で(3)波の40%ほどリトレースしたところ(赤のゾーン)で連続陽線で反発。
その後日足戻り高値(レッド破線)で反落してきたところです。
上昇の5波目が発動して上昇トレンド回帰できるかの最初の関門が、この日足戻り高値を超えられるかですが、4時間足の形(下記参照)から抜けを期待してのロングを狙っていきます。

snapshot

4時間足
安値(C)を底とするWボトムを形成し、ネックラインをブレイク。
ネックラインが4時間足の戻り高値とも一致しており、4時間足レベルでは上目線転換と、反転の材料が揃いつつあります。

snapshot

狙いは、Wボトムのネックラインブレイクの波を1波目として、押し目形成からの(3)-(5)波。

利確ターゲットは、
#Tp1: 日足戻り高値(レッド破線)
#Tp2: 1波のフィボナッチ1.618レベル
#Tp3: 日足の直近最高値
とします。

 

 

僕が使っているチャートツールTradingviewはこちら



 

人気の記事

1

こんにちは、サバイサバイFXです。 今回の記事ではダウ理論の重要な考え方の一つである押し安値と戻り高値をどのように見つけたら良いのか、客観的に判断する方法について解説します。 僕自身もダウ理論を学ぶ中 ...

2

この記事は2021年4月13日にTradingViewに投稿したアイデアを元にしています。 TradingView【コラム】ビットコインのエリオット波動を超真面目に考えてみる FX365_Thaila ...

3

こんにちは、南国タイでFXトレーディングをしながらサバイサバイな暮らしをしているサンタです。 TradingViewで投稿している相場分析の読者の方からエリオット波動の「4波は1波の終点を超えてはいけ ...

4

今回は波動の見極め方のコツということで、チャートの横軸(時間軸)に注目した波動の特徴について共有したいと思います。 エリオット波動を分析に使われている方であれば、チャートの縦軸(価格軸)に着目し ...

5

以前別の記事でビットコインの2017年バブル時のチャートとフィボナッチ比率の関連性について言及しましたが、今回2021年2月の58000ドルからの下落もフィボナッチ数がピタリとハマ ...

Copyright© サバイサバイFX , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.