新着記事

Tradingview インジケーター

【TradingView】米国10年債利回り変化率インジケーター

こんにちは、サバイサバイFXです。

今回は、オンラインチャートプラットフォームであるTradingviewで僕が開発したオリジナルインジケーター「U.S. 10 Year Treasury Yield Changes Monitor」を紹介します。

昨今(2021年3月〜5月現在)、米国長期金利の動向に左右される相場状況が続いていますが、この米国10年国債利回りの変動率を表示するインジケーターです。

表示しているタイムフレームに応じて、最後のローソク足からの利回りの変化率をオシレーターとして表示します。

(必然的に分足等の短い時間軸では意味をなさないと思いますので最低でも1時間、基本は4時間足以上で見るのが適していると思います。)

変動率がアッパーバンド、ロワーバンド(設定可能)を超えた時にシグナル、アラートを設定することが可能です。

 

以下のチャートは豪ドル/ドル( AUD/USD )の4時間足です。

3月月初からはレンジであることが見て取れると思います。

snapshot

 

3月以降の利回り変化率とレートの兼ね合いを見ると、変動率がプラスマイナス2%(上下バンドのライン)を超える変動があると、ドル買い方向、ドル安方向に転換していくこと傾向を見ることができます。

長期金利の動向が安定するまではこうしたレンジの状態が続く可能性もあり、明確な方向性が出るまで手を出さないというのも手かもしれません。

 

【TradingView】国債利回りの金利差を表示するインジケーター(複数国、期間対応)

こんにちは、サバイサバイFXです。 今回はTradingViewで国債利回りの金利差を表示できるよう僕が開発したオリジナルインジケーター「Government Bond Yield Spread (M ...

続きを見る

僕が使っているチャートツールTradingviewはこちら



人気の記事

1

こんにちは、サバイサバイFXです。 今回の記事ではダウ理論の重要な考え方の一つである押し安値と戻り高値をどのように見つけたら良いのか、客観的に判断する方法について解説します。 僕自身もダウ理論を学ぶ中 ...

2

コラムと題して様々な金融商品·銘柄の長期エリオット波動分析を投稿している波動分析シリーズ。 これまで色々な金融商品を取り上げてきましたが、為替の中で我らがドル円を取り上げないわけにはい ...

3

こんにちは、南国タイでFXトレーディングをしながらサバイサバイな暮らしをしているサンタです。 TradingViewで投稿している相場分析の読者の方からエリオット波動の「4波は1波の終点を超えてはいけ ...

4

こんにちは、サバイサバイFXです。 今回は波動の解説記事として、エリオット波動の5波狙いはなぜ難しいのか? という理由とそのリスクについて解説します。 エリオット波動を使っている人にとっては、1波や3 ...

5

今回は波動の見極め方のコツということで、チャートの横軸(時間軸)に注目した波動の特徴について共有したいと思います。 エリオット波動を分析に使われている方であれば、チャートの縦軸(価格軸)に着目し ...

6

この記事は2021年4月13日にTradingViewに投稿したアイデアを元にしています。 TradingView【コラム】ビットコインのエリオット波動を超真面目に考えてみる FX365_Thaila ...

Copyright© サバイサバイFX , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.