新着記事

波動

魔の数字”13”で下落 イーサリアムのエリオット波動分析

この記事はTradingViewに投稿したアイデアを記事化したものです。


過去の投稿でも好評いただいたフィボナッチの魔力シリーズ。
今回は少し不吉なタイトルですが、イーサリアムを取り上げます。

5月に起きた仮想通貨市場全般の大幅下落ではイーサリアムも例外なく下落したわけですが、その起点となったのがフィボナッチ数13であったというお話です。

この13という数字は、日本でも不吉な数として避けられることが多い数ですが、西洋では忌み数としてもっとも嫌われる数字です。
この13が奇しくも今回のイーサリアムの暴落の起点となっているということを、イーサリアムのエリオット波動と絡めながら見ていきたいと思います。

月足
ビットコインに比べ歴史の浅いイーサリアム。波動もそれだけ若いわけですが、2017年バブル時の高値を抜いた現在の波は月足ベースの3波と見ることができます。

 

snapshot

週足
月足Ⅲ波周辺の動きを表した週足です。
価格変動が大きいためログスケール表示にしています。

ログスケール

snapshot

 

2017年のバブル崩壊による下落が底を打ったのが2018年12月。そこからは安値切り上げから高値切り上げの上昇トレンドとなっているので、パープルで示したように2019年6月高値を1波とする波動を描くことができます。
これに基づくと現在は③波目と捉えることができます。
注目に値するのが、1波を起点として引いた際のフィボナッチです。
赤で示した”13”のレベルを起点に今回5月の暴落が起きたことがわかります。

以下の通常スケールのチャートで見てみても、ローソク足の実体部分が13のレベルで反応しています。
この投稿を書いている2021年6月6日時点では、それまでの仮想通貨市場全体の上昇機運とは一転して暗いムードが漂っていますが、奇しくもこの13という魔の数字がその暗雲の起点となってしまっています。

通常スケール

snapshot

さて、波動の分析に戻ります。

週足の③波目は5月の暴落で終わってしまったのか、それともまだ続くのかという点ですが、これを考える上で2017年バブル相場(つまり月足のⅠ波)を取り上げてみたいと思います。

以下のチャートが2017バブル時の週足です。

snapshot

 

ピンクの移動平均線が20週移動平均線を表しています。
このチャートから読み取れるのは、バブル最高値までは20週移動平均線を一度も実体で割らなかったという事実です。
バブルが崩壊して下落が続いていく過程で、20週移動平均線も割り込み2018年12月につけた80ドルまで下落して行ったことがわかります。

この20週移動平均線との関係で現在の相場をもう一度眺めて見ると、コロナショックからの上昇以降、現在のところは実体で20週移動平均線を下回っていません。

その意味では、
1. 今後も20週移動平均線を下回ることなく高値を更新していければ、週足③波はまだ継続中。④~⑤波と続き上値をさらに追っていく可能性
2. 逆にこれから20週移動平均線を割るような下落があれば、週足③波は終了、または週足③~⑤波まで終了し、月足のⅢ波も終了。これから月足ベースのⅣ波、つまりさらに大きな下落調整が始まる可能性
を考えることができます。

過去に投稿したビットコインの長期波動分析(下記リンク参照)では、2017バブル以前よりはるか前の上昇トレンドの波動比率から、現在の波動の予測を試みました。
一方、イーサリアムについては週足レベルの長期波動を見る上では歴史も浅く参考材料が少ないのですが、上記のようにバブル時の動きは一つ参考にできる材料ではないかと思います。

 

 

僕が使っているチャートツールTradingviewはこちら



 

人気の記事

1

こんにちは、サバイサバイFXです。 今回の記事ではダウ理論の重要な考え方の一つである押し安値と戻り高値をどのように見つけたら良いのか、客観的に判断する方法について解説します。 僕自身もダウ理論を学ぶ中 ...

2

この記事は2021年4月13日にTradingViewに投稿したアイデアを元にしています。 TradingView【コラム】ビットコインのエリオット波動を超真面目に考えてみる FX365_Thaila ...

3

こんにちは、南国タイでFXトレーディングをしながらサバイサバイな暮らしをしているサンタです。 TradingViewで投稿している相場分析の読者の方からエリオット波動の「4波は1波の終点を超えてはいけ ...

4

今回は波動の見極め方のコツということで、チャートの横軸(時間軸)に注目した波動の特徴について共有したいと思います。 エリオット波動を分析に使われている方であれば、チャートの縦軸(価格軸)に着目し ...

5

以前別の記事でビットコインの2017年バブル時のチャートとフィボナッチ比率の関連性について言及しましたが、今回2021年2月の58000ドルからの下落もフィボナッチ数がピタリとハマ ...

Copyright© サバイサバイFX , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.