新着記事

波動分析 相場分析

【波動分析】ポンドオージー(GBPAUD)の長期エリオット波動分析(波のリズムから考えるトレードプラン)

株式、コモディティ、為替、仮想通貨のあらゆる金融商品の中から特定の銘柄を取り上げてその波動を分析する波動分析シリーズ。

今回はポンドオージーの長期のエリオット波動を考察してみたいと思います。

※この記事はTradingViewのアイデア投稿からも確認可能です。

 

月足(マクロ)

こちらは月足を長期スパンで表示させたものです。

チャート中央の水色の垂直線を境にトレンドが変わっていることがわかります。

そして2012年から再び高値安値を切り上げる上昇トレンドが発生しているということで、チャート上にはブラックの波動サイクルとグリーンの波動サイクル二つを示しています。

エリオット波動理論では50年規模の波をスーパーサイクルと定義していますが、ブラックの波動サイクルが期間的にも符号します。

現在はグリーンの波動サイクルにおけるⅡ波目のトライアングル調整を形成中と見ています。

以下グリーンの波動に焦点を絞って見ていきます。

 

月足(ミクロ)

直近20年の月足に主要経済イベントをプロットしたチャートです。

 

 

チャート中央部の赤の垂直線が、当時のFRB議長バーナンキ氏がリーマンショック後に実施した金融緩和の終了を告げたバーナンキショックですが、ここを境にレートは急上昇。

その後は高値切り下げ、安値切り上げの三角保ち合いとなっています。

このことからもバーナンキショックからの急反発をグリーンの波動サイクルの1波目と捉え、現在は三角保ち合いを形成しながら月足の調整波2波が進行中と考えられます。

三角保ち合いでの調整なので波のタイプとしてはトライアングルが想定できます。

そして、トライアングルなのであれば3波構成で波が推進していく可能性が高いです。

つまりグリーンのa-b-c-d-e波は3波で推移していく動きが考えられるということです。

 

ここまでの仮説をもとに週足を見ていきます。

 

週足

副次波との関係に注意して波をカウントしていくと、上記仮説通りのカウントが成り立つことがわかります。

丸文字がプライマリー、()が副次波です。

 

 

 

直近は月足の三角保ち合い下限を起点として、グリーンのCからの波A(丸文字)が新たに発生していますが、これも3波構成の1波と考えれば、一旦調整を挟んで(丸文字Bの波)、3波目(丸文字C)で月足のトライアングルdへ到達する動きが出るかもしれません。

このように波のリズムを捉えていくと、トライアングルの3波構成のリズムが今後も続いていくという仮定の元に、月足の三角保ち合い下限から上限までを超長期(数ヶ月〜数年単位)でトレードするというプランも立てられるのではないでしょうか。

 

僕が使っているチャートツールTradingviewはこちら



人気の記事

1

こんにちは、サバイサバイFXです。 今回の記事ではダウ理論の重要な考え方の一つである押し安値と戻り高値をどのように見つけたら良いのか、客観的に判断する方法について解説します。 僕自身もダウ理論を学ぶ中 ...

2

コラムと題して様々な金融商品·銘柄の長期エリオット波動分析を投稿している波動分析シリーズ。 これまで色々な金融商品を取り上げてきましたが、為替の中で我らがドル円を取り上げないわけにはい ...

3

こんにちは、南国タイでFXトレーディングをしながらサバイサバイな暮らしをしているサンタです。 TradingViewで投稿している相場分析の読者の方からエリオット波動の「4波は1波の終点を超えてはいけ ...

4

こんにちは、サバイサバイFXです。 今回は波動の解説記事として、エリオット波動の5波狙いはなぜ難しいのか? という理由とそのリスクについて解説します。 エリオット波動を使っている人にとっては、1波や3 ...

5

今回は波動の見極め方のコツということで、チャートの横軸(時間軸)に注目した波動の特徴について共有したいと思います。 エリオット波動を分析に使われている方であれば、チャートの縦軸(価格軸)に着目し ...

6

この記事は2021年4月13日にTradingViewに投稿したアイデアを元にしています。 TradingView【コラム】ビットコインのエリオット波動を超真面目に考えてみる FX365_Thaila ...

Copyright© サバイサバイFX , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.