新着記事

FX

FXトレードにオススメな複数時刻を設定可能なデスクトップ時計(Mac用)

こんにちは、南国タイでFXトレーディングをしながらサバイサバイな暮らしをしているサンタです。

今回は、FXトレードにオススメな複数時刻を設定可能なデスクトップ時計(Mac用)、 Timesの紹介をしたいと思います。

FXをやられている方であれば、一日の間にオセアニア市場、東京市場、欧州市場、米国市場が順番にオープンすることで、24時間の取引が可能になっていることはご存知だと思います。

Macユーザでこれらの複数国・地域の現在時刻を表示できるデスクトップ時計を探している方はTimesをぜひ試してみてください。

‎Times

‎海外にいる家族や友人などに連絡したいけど、相手の時間がわからなくて困る時はありませんか? 世界中の現地時間がメニューバー(画面上部のバー)上で瞬時に確認できる世界時計アプリです。 機能: - お好きな国の現在時刻を表示する時計をメニューバーに追加します(※画面に収まる範囲で何個でも追加可) - 12時間表記と24時間表記を切り替え可能 - 時計の表示順を任意に変更可能 - システム起動時に自動スタート - フォントサイズ変更可能 - 全タイムゾーン+各国の国旗に対応

この記事では、Timesを設定した場合の見た目と設定方法を解説します。

 

Timesの表示イメージ

見ていただくのが一番早いと思います。

以下のようにメニューバーの赤枠の部分に複数国・地域の時刻を国旗と共に表示することができます。

一目でどこの国が今何時かがわかる非常に便利なツールだと思いませんか?

ツールバー常駐型のアプリなので、後どれくらいでNY時間の開幕するといった情報をいちいちアプリを立ち上げる必要なく確認できます。

メニューバーを拡大するとこんな感じです。

 

設定方法

設定はとても簡単です。

ただし選択するタイムゾーンを間違えると、正しい時間が表示されないので、ここでどの市場はどのタイムゾーンを設定すれば良いかを解説しますね。

アプリはApp StoreでTimesと検索して、購入してください。価格は250円です。

購入し、ダウンロードが終わったら、アプリを立ち上げます。

すると以下の設定画面が立ち上がるので、画面の通りに選択してください。

ニュージーランドやオーストラリアの時間が不要という方は、イギリス・ロンドンとアメリカ・ニューヨークだけ設定すれば良いでしょう。

ニュージーランドはウェリントン市場の時間を知りたいので、ウェリントンの時刻を知りたいのですが、選択肢にないため同じ時刻を採用しているオークランドを選んでいます。

オーストラリアはシドニー市場なので、シドニー時間を。

欧州時間はロンドン時間と、アメリカ市場はニューヨーク時間を設定しています。

メニューバーのスペースがある限りの時間を表示できるので、上記以外に必要な国・地域の時間があればそれらの国とタイムゾーンを選択します。

もし該当国のタイムゾーンがわからなければ、XXXX(国名)、タイムゾーン[英語であれば、XXXX(国名)、timezone]と検索すれば出てきます。

以上で設定は完了です。

 

 

僕が使っているチャートツールTradingviewはこちら



 

人気の記事

Copyright© サバイサバイFX , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.