新着記事

相場分析

【USDJPY/ドル円🇺🇸🇯🇵】相場分析20210814 環境認識と売り買い双方のシナリオ

【サマリ】
ドル円環境認識と来週に向けた売りと買い双方の視点からのシナリオ考察です。

8月のこれまでの相場を振り返ると、
・8/1週目はISM指標とクラリダFRB副議長発言を受けて高騰(景気回復=>緩和縮小期待進展の動き)
・2週目は米ミシガン大消費者マインドの悪化で下落(景気後退=>緩和縮小期待後退の動き)
と景気の先行きを表す指標に大きく左右される相場となっています。

チャート的には、8/1週目から見れば絶好の押し目ポイントまで下落して来たところ、8/2週目から見れば来週は戻り売りが狙える場面ということで、来週は押し目買い狙いと戻り売り狙いがせめぎ合うことになるのではと見ています。

上記踏まえて来週のシナリオを考察します。

 

【環境認識&詳細】

週足
前週の陽線実体を包み込む形の陰線で引けています。
冒頭記載の通りですが、指標の結果がまちまちでどっちにも振り切れないといったところでしょうか。

 

snapshot

 

日足
110.50付近にある日足の戻り高値を超えられるかどうかに注目していましたが、結局ヒゲで戻されて反落。大陰線で引ける形となりました。
ダウ理論的には下目線継続です。
来週は概ね110.50から108円後半(前週の反発起点)のレンジで推移するのではと見ています。

 

snapshot

 

4時間足

4時間足では押し安値(ブルー破線水平線)をブレイクして下目線転換。
8/1週の上昇の61.8%付近(ブルーのバンド)まで押して来た場面です。
8/1週の上昇の起点ともなった週足26週移動平均線(イエロー ステップライン)も下から迫って来ており、来週には2回目のランデブーを迎えそうです。
一方、4時間足で下目線転換したことから、ある程度上昇したところでの戻り売り圧力(オレンジのバンド)も想定できます。
ブルーのバンドとオレンジのバンドの間で押し目買いと戻り売りがせめぎ合い揉み合いとなるかもしれません。

 

snapshot

 

 

買いのシナリオ
・8月1週上昇波の押し目買い
ブルーのバンド付近や26週線付近でサポートが確認できればロングを検討。
上述の通り、戻り売り圧力を警戒しつつ、8/6雇用統計の高値から110.80付近までをターゲット。

売りのシナリオ
・8月2週下降波の戻り売り
2週目下落の半値付近(オレンジのバンド)を目安にレジスタンスを確認できればショートを検討。
サポート候補である109.40ラインから先月安値109.00付近までをターゲット。

 

 

僕が使っているチャートツールTradingviewはこちら



人気の記事

1

こんにちは、サバイサバイFXです。 今回の記事ではダウ理論の重要な考え方の一つである押し安値と戻り高値をどのように見つけたら良いのか、客観的に判断する方法について解説します。 僕自身もダウ理論を学ぶ中 ...

2

コラムと題して様々な金融商品·銘柄の長期エリオット波動分析を投稿している波動分析シリーズ。 これまで色々な金融商品を取り上げてきましたが、為替の中で我らがドル円を取り上げないわけにはい ...

3

こんにちは、南国タイでFXトレーディングをしながらサバイサバイな暮らしをしているサンタです。 TradingViewで投稿している相場分析の読者の方からエリオット波動の「4波は1波の終点を超えてはいけ ...

4

こんにちは、サバイサバイFXです。 今回は波動の解説記事として、エリオット波動の5波狙いはなぜ難しいのか? という理由とそのリスクについて解説します。 エリオット波動を使っている人にとっては、1波や3 ...

5

今回は波動の見極め方のコツということで、チャートの横軸(時間軸)に注目した波動の特徴について共有したいと思います。 エリオット波動を分析に使われている方であれば、チャートの縦軸(価格軸)に着目し ...

6

この記事は2021年4月13日にTradingViewに投稿したアイデアを元にしています。 TradingView【コラム】ビットコインのエリオット波動を超真面目に考えてみる FX365_Thaila ...

Copyright© サバイサバイFX , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.