新着記事

相場分析

【USDJPY/ドル円】相場分析20210606 上目線継続も包み陰線で引け/109.30付近の攻防に着目

【サマリ】
ドル円は4時間足以上で上目線継続。
111円を目指して上昇継続していけるかどうか、109.30付近の値動きに注目しています。
日足と4時間足で先週までの相場の振り返りと来週のポイントを考察します。

環境認識
日足
直近高値を更新ししたものの、米雇用統計の結果で陰線で引けた形になっています。
気になるのはこの陰線が前日陽線を覆う包み陰線となっていること。
これを見て買い勢力がひるむ動きが出れば、直近高値更新がフェイクになって下落していく可能性もありうると見ています。
snapshot

 

4時間足

6/3のADP雇用者数統計の結果ドル高となって直近高値を更新するものの、翌日の雇用統計でその上昇を打ち消し振り出しに戻る形となっています。
浅い高値更新からの深い押しということで、この高値更新がフェイクになる可能性に注意しつつも、4時間足押し安値(ブルー破線)付近では反発の動き(下ひげ)も見せており、まだ上目線です。
3月につけた111円を目指して上昇していけるかどうかは、4時間足押し安値(109.30付近)で買い支えが入ってくるかどうか、このラインでの攻防に注目しています。
逆に4時間足押し安値ラインを割ってくるようであれば、このラインがネックラインでもあるので下方向108.60水準(ブルー水平線)を目指す動きが出てくると見ています。

snapshot

 

 

僕が使っているチャートツールTradingviewはこちら



 

人気の記事

1

こんにちは、サバイサバイFXです。 今回の記事ではダウ理論の重要な考え方の一つである押し安値と戻り高値をどのように見つけたら良いのか、客観的に判断する方法について解説します。 僕自身もダウ理論を学ぶ中 ...

2

この記事は2021年4月13日にTradingViewに投稿したアイデアを元にしています。 TradingView【コラム】ビットコインのエリオット波動を超真面目に考えてみる FX365_Thaila ...

3

こんにちは、南国タイでFXトレーディングをしながらサバイサバイな暮らしをしているサンタです。 TradingViewで投稿している相場分析の読者の方からエリオット波動の「4波は1波の終点を超えてはいけ ...

4

今回は波動の見極め方のコツということで、チャートの横軸(時間軸)に注目した波動の特徴について共有したいと思います。 エリオット波動を分析に使われている方であれば、チャートの縦軸(価格軸)に着目し ...

5

以前別の記事でビットコインの2017年バブル時のチャートとフィボナッチ比率の関連性について言及しましたが、今回2021年2月の58000ドルからの下落もフィボナッチ数がピタリとハマ ...

Copyright© サバイサバイFX , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.