新着記事

相場分析

【USDJPY/ドル円🇺🇸🇯🇵】相場分析20210821 ドル円相場を3層レンジで読み解く/来週は小幅値動きか?

【サマリ】
ドル円の環境認識と売買シナリオ考察です。

来週は注目イベントであるジャクソンホール会議が26-28日に控えています。
現在のレートが位置する環境の整理は以下で詳述しますが、ボラが低下していることもあり、様々な抵抗・支持線に囲まれた大小レンジを形成しています。
・ジャクソンホール会議までは様子見ムードでレンジ内の小幅値動きの可能性
・会議でサプライズがあればレンジをブレイクする動き
・特にサプライズがなければ9月雇用統計までトレンドレス継続
といった可能性を見ています。

一応シナリオは考えているものの、チャートを見る限りは見送りでもいいかなという感触です。

 

【環境認識&詳細】
週足

前週ローソク足にはらまれる形となりました。
週半ば以降は、この前週の安値109.60が硬く小幅な値動きとなりました。

 

snapshot

 

日足
7月以降は下がっても109.00-109.20付近(グリーンバンド)が底堅さを見せています。

 

snapshot

 

4時間足
現在の相場は以下の3層のレンジが重なり合う相場として見ています。
・先週の水曜日以降の値動きの範囲(グリーンのレンジ)
・先週の高値安値のレンジ(ピンク)
・さらにその外側には108.80-110.80のレンジ(ブラック)

 

snapshot

 

先週の投稿でも触れた点ですが、ピンクのレンジの中は8月1週目の上昇の押し目買いと2週目の下落の戻り売りがせめぎあっている場所と見ています。

グリーンのレンジをブレイクすればピンクのレンジまでの動きが期待されますが、
・上方向を見ると25pipsほどの空間しかなく、20pipsの値幅を狙えるかどうか微妙な場所(かつ8/9週の戻り売りゾーン)
・下方向は日足で見たように強固なサポート109.00-109.20のゾーンが間近
です。

以上から、基本戦略としてはピンクのレンジの上限下限付近からの売り買い、またはピンクのレンジを上抜けてからを考えています。

 

買いのシナリオ
・ピンクのレンジ下限109.00-109.20付近でのサポートからレンジミドルライン付近を目安にロング検討
・ピンクのレンジを上方ブレイクすれば、日足戻り高値(レッド破線)からブラックレンジ上限を目安にロング検討

売りのシナリオ
・ピンクのレンジ上限でレジスタンスされてからレンジミドルライン付近を目安にショート検討(8/9週の戻り売り)
・ブラックレンジ上限まで上昇してくればショートを検討

いずれも同日から1泊2日程度のトレード想定です。

 

僕が使っているチャートツールTradingviewはこちら



人気の記事

1

こんにちは、サバイサバイFXです。 今回の記事ではダウ理論の重要な考え方の一つである押し安値と戻り高値をどのように見つけたら良いのか、客観的に判断する方法について解説します。 僕自身もダウ理論を学ぶ中 ...

2

コラムと題して様々な金融商品·銘柄の長期エリオット波動分析を投稿している波動分析シリーズ。 これまで色々な金融商品を取り上げてきましたが、為替の中で我らがドル円を取り上げないわけにはい ...

3

こんにちは、南国タイでFXトレーディングをしながらサバイサバイな暮らしをしているサンタです。 TradingViewで投稿している相場分析の読者の方からエリオット波動の「4波は1波の終点を超えてはいけ ...

4

こんにちは、サバイサバイFXです。 今回は波動の解説記事として、エリオット波動の5波狙いはなぜ難しいのか? という理由とそのリスクについて解説します。 エリオット波動を使っている人にとっては、1波や3 ...

5

今回は波動の見極め方のコツということで、チャートの横軸(時間軸)に注目した波動の特徴について共有したいと思います。 エリオット波動を分析に使われている方であれば、チャートの縦軸(価格軸)に着目し ...

6

この記事は2021年4月13日にTradingViewに投稿したアイデアを元にしています。 TradingView【コラム】ビットコインのエリオット波動を超真面目に考えてみる FX365_Thaila ...

Copyright© サバイサバイFX , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.