新着記事

相場分析

【NZDJPY🥝🇯🇵】相場分析20210714 NZ中銀量的緩和停止発表/ダブルボトムフラクタルで上昇示唆

【サマリ】
本日7月14日、RBNZ(NZ中銀)は政策金利を0.25%で据え置くと共に、大規模資産購入プログラム(LSAP)として実施してきた量的緩和を7月23日を以って停止と発表。LSAP停止の発表は予想外でありサプライズでNZドルは1%以上の急騰。
8月には利上げを行うという観測も出ている。

チャート上も76.24水準が底堅く推移しており、日足と4時間足でフラクタルなWボトム形成の動きが見て取れる。

以下詳細

 

【環境認識】

週足

76.24水準(パープル水平線)がレジサポ転換し底値を支えている状況。

snapshot

 

日足

76.24のラインで安値(A)(C)を底とするWボトム形成の動き。

 

snapshot

 

4時間足

日足Wボトムの右の谷がさらに4時間足でWボトムを形成。

上昇トレンド転換の兆しが読み取れる。

snapshot

 

僕が使っているチャートツールTradingviewはこちら



人気の記事

1

こんにちは、サバイサバイFXです。 今回の記事ではダウ理論の重要な考え方の一つである押し安値と戻り高値をどのように見つけたら良いのか、客観的に判断する方法について解説します。 僕自身もダウ理論を学ぶ中 ...

2

この記事は2021年4月13日にTradingViewに投稿したアイデアを元にしています。 TradingView【コラム】ビットコインのエリオット波動を超真面目に考えてみる FX365_Thaila ...

3

こんにちは、南国タイでFXトレーディングをしながらサバイサバイな暮らしをしているサンタです。 TradingViewで投稿している相場分析の読者の方からエリオット波動の「4波は1波の終点を超えてはいけ ...

4

今回は波動の見極め方のコツということで、チャートの横軸(時間軸)に注目した波動の特徴について共有したいと思います。 エリオット波動を分析に使われている方であれば、チャートの縦軸(価格軸)に着目し ...

5

以前別の記事でビットコインの2017年バブル時のチャートとフィボナッチ比率の関連性について言及しましたが、今回2021年2月の58000ドルからの下落もフィボナッチ数がピタリとハマ ...

Copyright© サバイサバイFX , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.