新着記事

相場分析

【EURGBP/ユーロポンド🇪🇺🇬🇧】相場分析20210808 一転、ポンド買いに備える

前回投稿のアップデートです。
ユーロポンドは7/14につけた安値かつ心理的節目0.8500を日足で再び更新。
4/5につけた安値水準までポンド高に触れてきました。

前回投稿では日足レベルの上昇3波の可能性を期待してロングを狙うシナリオを考えていましたが、一転ポンド買いに備える必要性のある場面へと転換。

ファンダメンタルの観点でも、イギリスが8/5のMPC(金融政策委員会)で金融引き締めの観測が出た一方、ユーロは緩和継続の姿勢を維持しており、ポンド高に進みやすい地合いかもしれません。
日足で4月安値をブレイクするようであればショートを狙います。

以下、環境認識です。

 

週足

4月につけたパープルの安値(C)をヒゲで更新してきました。
未だ明確に安値をブレイクしたとは言えないため、まずはしっかりとブレイクするかどうかを見極める必要があります。もちろん、ここからWボトムをつけて上げていくシナリオも未だ有効です。

安値(C)ブレイクする場合はさらに一段下の安値を試す動きが想定されるわけですが、週足上の次の節目である0.8300水準まで、ラウンドナンバー0.840を除いて目立つ抵抗線がありません。そのため安値(C)をブレイクすれば、0.8400や0.8300を目指す動きが出る可能性に注目しています。

 

snapshot

 

日足
7/20に高値を更新してからの安値更新ということでポンドらしいと言えばポンドらしい値動きですが、前回投稿で言及したように高値更新からの上昇を期待してロングを仕込んでいた勢力の損切りも出始めていると思います。その損切りが下降モメンタムの推進材となり4月の安値をブレイクするかもしれません。
日足で4月安値をブレイクするようであればショートを狙います。

 

snapshot

 

 

僕が使っているチャートツールTradingviewはこちら



人気の記事

1

こんにちは、サバイサバイFXです。 今回の記事ではダウ理論の重要な考え方の一つである押し安値と戻り高値をどのように見つけたら良いのか、客観的に判断する方法について解説します。 僕自身もダウ理論を学ぶ中 ...

2

コラムと題して様々な金融商品·銘柄の長期エリオット波動分析を投稿している波動分析シリーズ。 これまで色々な金融商品を取り上げてきましたが、為替の中で我らがドル円を取り上げないわけにはい ...

3

こんにちは、南国タイでFXトレーディングをしながらサバイサバイな暮らしをしているサンタです。 TradingViewで投稿している相場分析(こちら)の読者の方からエリオット波動の「4波は1波の終点を超 ...

4

こんにちは、サバイサバイFXです。 今回は波動の解説記事として、エリオット波動の5波狙いはなぜ難しいのか? という理由とそのリスクについて解説します。 エリオット波動を使っている人にとっては、1波や3 ...

5

今回は波動の見極め方のコツということで、チャートの横軸(時間軸)に注目した波動の特徴について共有したいと思います。 エリオット波動を分析に使われている方であれば、チャートの縦軸(価格軸)に着目し ...

6

この記事は2021年4月13日にTradingViewに投稿したアイデアを元にしています。 TradingView【コラム】ビットコインのエリオット波動を超真面目に考えてみる FX365_Thaila ...

Copyright© サバイサバイFX , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.