新着記事

相場分析

【CADJPY🇨🇦🇯🇵】相場分析20211029 カナダ中銀量的緩和終了で利上げ時期前倒し/カナダドルは買いなのか?

【サマリ】
カナダ中銀は27日にコロナパンデミック以降継続してきた量的緩和の終了を発表。
さらに利上げ時期に関しても従来の2022年下半期から22年2Q-3Qと前倒しを示唆。
これらがサプライズ発表となりカナダドルが急騰となった。
利上げ時期が前倒しになったことと量的緩和の終了宣言を受け、これから差分を織り込みに行く動きが出るのかに注目。

今回は金融引き締め方向に舵を切っているカナダと、以前超緩和的状況の日本という、金融政策の違いがより浮き彫りになったカナダ円について、これからカナダドルは買いなのかを考察。

結論、今後もまだ買いを狙っていける場面と考えています。
特に月足のチャートが面白い展開です。

 

【環境認識】

月足
この投稿執筆時点ではまだ10月ローソク足は未確定であるものの、高値の切り下げラインをブレイクすれば、100円水準まで目立つ抵抗がない状態。

snapshot

 

週足

週足で見るとパープルのチャネルに沿った上昇が継続中。
再びチャネル上限まで上昇が継続できるかどうか期待させる形ではありますが、現時点で既に上昇の5波目になっていることから、途中で失速してしまう可能性も十分にあります。
特に93.20ラインは週足レベルの抵抗ラインということでこのラインには要警戒でしょう。

snapshot

 

日足

9月末から既に800pips(!)近く上げているということで、これからもう一段坂を登って行くには相応の調整期間を挟まないと上げていくエネルギーがないだろうと見ています。
直近の上げが上昇の3波目と見れば、今は4波目。
下からは押し目買いの候補となりうる20日移動平均線(ピンク)が迫ってきていますが、前述のようにしばらく横ばいで調整になる可能性を見ておきたいです。

snapshot

 

以上を踏まえてロングのシナリオとしては以下の二つを検討

1. 93.23を再度試す動きを狙う
週足で見た93.23ラインまで100pipsほどあるので、ある程度のリスクリワードが見込める場所で押し目が確認できれば93.23までのロングを検討(Tp1 )
高値づかみのリスクがあるので、十分に引きつけた場所で狙いたいところ。

または、
2. 週足で93.23をブレイクしてからのチャネル上限までのロング
こちらも150pipsくらいのスペースがあるので、候補の一つです。

 

僕が使っているチャートツールTradingviewはこちら



人気の記事

1

こんにちは、サバイサバイFXです。 今回の記事ではダウ理論の重要な考え方の一つである押し安値と戻り高値をどのように見つけたら良いのか、客観的に判断する方法について解説します。 僕自身もダウ理論を学ぶ中 ...

2

コラムと題して様々な金融商品·銘柄の長期エリオット波動分析を投稿している波動分析シリーズ。 これまで色々な金融商品を取り上げてきましたが、為替の中で我らがドル円を取り上げないわけにはい ...

3

こんにちは、南国タイでFXトレーディングをしながらサバイサバイな暮らしをしているサンタです。 TradingViewで投稿している相場分析(こちら)の読者の方からエリオット波動の「4波は1波の終点を超 ...

4

こんにちは、サバイサバイFXです。 今回は波動の解説記事として、エリオット波動の5波狙いはなぜ難しいのか? という理由とそのリスクについて解説します。 エリオット波動を使っている人にとっては、1波や3 ...

5

今回は波動の見極め方のコツということで、チャートの横軸(時間軸)に注目した波動の特徴について共有したいと思います。 エリオット波動を分析に使われている方であれば、チャートの縦軸(価格軸)に着目し ...

6

この記事は2021年4月13日にTradingViewに投稿したアイデアを元にしています。 TradingView【コラム】ビットコインのエリオット波動を超真面目に考えてみる FX365_Thaila ...

error: Content is protected !!

Copyright© サバイサバイFX , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.