新着記事

Trading Library

トレード戦術 市場心理分析

Wall Street Cheat Sheetから市場参加者の心理を意識しよう

こんにちは、サバイサバイFXです。

今回は市場心理に関するトピックとして、Wall Street Cheat Sheet(ウォールストリート・チートシート)を紹介します。

相場は人間心理が動かすものであり、チャートは人間心理が波動となって現れたものというのが僕自身の相場観の根底にあるのですが、その相場に働く心理を理解することで、少しでもチャートを客観的に見られるようになり、質の高いトレードに繋げられるのではと思います。

 

 

ウォールストリート・ チートシート(Wall St. Cheat Sheet)とは?

ウォールストリート・チートシートとは以下のような相場の上昇・下降のサイクルに沿って現れる投資家の心理を説明したダイアグラムの事です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

縦軸が価格、横軸が時間となっており、価格が上昇のピークに近づくにつれ、またピークから下落していくにつれ人間がどのような心理状態になるのかを色で示したものが図の右上に示されています。

メインチャートにもこの色の変化とともに投資家の感情推移が表されています。

これを左側から見ていくと、上昇トレンドが始まる直前の段階ではまだその手前の下落相場での思いを引きずっているのか、赤で怒りや危険意識が示されています。

そこから徐々に上昇していくにつれ、安心や安堵感が広がり(青)、さらに上昇してピークに近づくにつれその安心は確信へと変わります(緑*)。

※英語で青信号をGreen lightということからも緑は進んで良しといったような確信を表す色としても使われるのでしょう。

しかし、まだまだ上昇は続くと思われたその矢先に、相場は上値の重たさを見せ、投資家心理にも警戒感が現れ始めます。それが黄色で示されています。

さらに価格の下落が続くと、警戒感は不安や焦りに変わり(オレンジ)、終いにはパニックや怒り(赤)に変わります。

その後底値圏での停滞が続くにつれ、怒りは諦めへと変わり意気消沈。続く上昇相場の入り口においてもその上昇の兆しが信じられない状態のまま新しい上昇サイクルを迎えます。

 

相場格言にも、

上昇相場は悲観の中に生まれ、懐疑の中に育ち、楽観の中で成熟し、幸福感の中で消えていく

という格言がありますが、まさにこの通り表現されていることがわかりますね。

 

上の格言も、元々はアメリカの投資家ジョン・テンプルトン氏の言葉

"Bull markets are born on pessimism, grow on skepticism, mature on optimism and die on euphoria"

の日本語訳みたいなので、もしかしたらチートシートから来た(もしくはそこからチートシートが作られた)のかもしれません。

 

チートシートの日本語訳

参考までにチートシートに記載された投資家心理の日本語訳も載せておきます。

 

Disbelief(不信)
この上昇は(これまでにもあった一時的な上昇と同様に)失敗に終わるに違いない

Hope(望み)
市場は回復していくかもしれない

Optimism(楽観)
この上昇は本物だ

Belief(確信)
全力投資すべき時が来た!

Thrill(興奮)
証拠金目一杯まで買ってやろう。皆んなにも買いを勧めなきゃ。

Euphoria(陶酔)
俺は天才だ!これで俺たち全員リッチになれるぜ!

Complacency(自己満足)
次の上昇までちょっと頭を冷やさないとな。

Anxiety(不安)
なんでマージンコールを食らうんだ?
今回の押し目は普段より時間がかかるみたいだな。

Denial(否定)
俺は優良企業に投資してるんだ。いずれ反発するさ。

Panic(パニック)
ちきしょう!みんな売ってやがる、俺も逃げなければ!

Capitulation(降伏)
100%退場だ。これ以上資金を失うことはできない。

Anger(怒り)
一体誰が売ってるんだ!政府はなんで何も対応しない??

Depression(意気消沈)
俺の老後資金は全て消えた。。買ったばかりのこれらはどうやって払ったらいい??

Disbelief(不信)
どうせマヌケどもが買ってるんだろ。上がるわけないさ。

 

 

誰しもが身に覚えのある感情・・・ですよね。

 

 

ビットコイン相場との類似性

続いてはチートシートで紹介した相場サイクルと市場心理が実際の相場に現れた例を紹介したいと思います。

下のチャートはビットコイン(BTC/USD)の2020年11月から2021年8月にかけての日足チャートです。

 

ぱっと見、非常にチートシートに似ていると思いませんか?

特に当時の最高値であった64000ドルから一気に下げていくところの形はそのものと言っても良いでしょう。

当時はイーロン・マスク氏のビットコインの下落を煽るようなツイートも出回ったりで、チートシートに記載された感情が渦巻いていたことが想像できます。

 

 

 

さて、いかがでしたでしょうか。

言うは易し、行うはなんとかと言いますが、

書いている僕自身も偉そうに講釈垂れることができるほど感情がコントロールできているわけではありませんし、図に示されているような感情ドンピシャになることもあります。

ただ、このサイクルを知ってから意識できるようにはなりましたし、やはり知っているか知っていないかでそれを活かせられるか否かの分かれ目になる場面もあるかと思います。

その意味でも、今回はじめてこのことを知ったという方は、"意識できるように意識してみる"と、何かが変わるきっかけになるかもしれません。

意識の変わり目が行動の変わり目とも言います。

 

 

市場心理分析

続きを見る

 

 

僕が使っているチャートツールTradingviewはこちら



人気の記事

1

こんにちは、サバイサバイFXです。 今回の記事ではダウ理論の重要な考え方の一つである押し安値と戻り高値をどのように見つけたら良いのか、客観的に判断する方法について解説します。 僕自身もダウ理論を学ぶ中 ...

2

こんにちは、サバイサバイFXです。 今回は、昨年2021年12月のFOMCの議事録で明らかになったバランスシートの縮小について解説したいと思います。 バランスシート縮小って何?テーパリングと ...

3

こんにちは、サバイサバイFXです。 この記事ではダウ理論の目線付けの二つの方法を解説するとともに、オンラインチャートプラットフォームであるTradingViewで僕が開発したオリジナルインジケーター「 ...

4

コラムと題して様々な金融商品·銘柄の長期エリオット波動分析を投稿している波動分析シリーズ。 これまで色々な金融商品を取り上げてきましたが、為替の中で我らがドル円を取り上げないわけにはい ...

5

こんにちは、南国タイでFXトレーディングをしながらサバイサバイな暮らしをしているサンタです。 TradingViewで投稿している相場分析(こちら)の読者の方からエリオット波動の「4波は1波の終点を超 ...

6

こんにちは、サバイサバイFXです。 今回は波動の解説記事として、エリオット波動の5波狙いはなぜ難しいのか? という理由とそのリスクについて解説します。 エリオット波動を使っている人にとっては、1波や3 ...

7

こんにちは、サバイサバイFXです。 今回は、タイトルにもある通り「MACDのゴールデンクロスだけで勝てるのか?」という疑問に対して、データを使って検証した結果について共有していきたいと思います。 取引 ...

8

今回は波動の見極め方のコツということで、チャートの横軸(時間軸)に注目した波動の特徴について共有したいと思います。 エリオット波動を分析に使われている方であれば、チャートの縦軸(価格軸)に着目し ...

error: Content is protected !!

Copyright© サバイサバイFX , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.