新着記事

相場分析

【USDJPY/ドル円🇺🇸🇯🇵】相場分析20210522 日足で三角保ち合い/注目価格の整理

2021年5月24日週に向けたドル円の相場分析です。

 

日足

snapshot

ここしばらく上値が重い展開が続いているが、3月高値(5)と高値(B)を結ぶ切り下げラインと、安値(4)、(A)を結ぶラインで三角保ち合いを形成中。しばらくはこの三角内部での動きとなる可能性を見ておきたい。
波動の観点では、年初からの上昇5波に対する調整波ABCの形成で三角保ち合い下限を抜けて安値(A)を試す動きがイメージできるものの、三角をどちらに抜けるか次第。

上値方向を見ると、高値(B):109.80付近ではすでに2回頭を押さえられているため、もう一度チャレンジして抜けられなければトリプルトップからの下落の動きが現実味を帯びてくる。
その際は108.33のネックライン(5月米雇用統計安値)を突破できるかがカギ。4時間足で見ても、このラインは雇用統計の翌週に突破できなかったラインであり固さを示している。

逆に高値(B)をブレイクできれば、3月高値(5)を試す100pips近い動きが期待できる。

個人的には、三角保ち合いの内部でチャンスがあれば50pips未満の値動きを狙った短期トレードを、それ以上の値幅を狙うトレードは高値(B)やネックライン108.33を抜けてからとしたい。

4時間足
三角保ち合い下限直下には5月の雇用統計安値(ブルー破線)が控えている。ここは4時間の押し安値でもあり、ここを突破できないと下への大きな動きは生まれない。

snapshot

僕が使っているチャートツールTradingviewはこちら



 

人気の記事

1

こんにちは、サバイサバイFXです。 今回の記事ではダウ理論の重要な考え方の一つである押し安値と戻り高値をどのように見つけたら良いのか、客観的に判断する方法について解説します。 僕自身もダウ理論を学ぶ中 ...

2

この記事は2021年4月13日にTradingViewに投稿したアイデアを元にしています。 TradingView【コラム】ビットコインのエリオット波動を超真面目に考えてみる FX365_Thaila ...

3

こんにちは、南国タイでFXトレーディングをしながらサバイサバイな暮らしをしているサンタです。 TradingViewで投稿している相場分析の読者の方からエリオット波動の「4波は1波の終点を超えてはいけ ...

4

今回は波動の見極め方のコツということで、チャートの横軸(時間軸)に注目した波動の特徴について共有したいと思います。 エリオット波動を分析に使われている方であれば、チャートの縦軸(価格軸)に着目し ...

5

以前別の記事でビットコインの2017年バブル時のチャートとフィボナッチ比率の関連性について言及しましたが、今回2021年2月の58000ドルからの下落もフィボナッチ数がピタリとハマ ...

Copyright© サバイサバイFX , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.