新着記事

相場分析

【USDJPY🇺🇸🇯🇵】相場分析20210504 ドル円の現在地確認/109.30-40付近でのプライスアクションに注目

ドル円の環境認識です。
昨日5月3日のNY時間で大きくドル安に振れてきました。
現在の状況を確認するとともに、今後の方向性を考察します。

日足

ダウ理論的には、日足レベルの押し安値がブレイクされているので下目線です。
高値(5)からの下げ波動の半値付近(赤のゾーン)まで戻し、上ヒゲ陰線(=4日の下げ)をつけたところ。

今後は赤の点線で描いたような下げ波動を形成してくるか、それとも高値(5)を試す展開となるかというところでしょう。

snapshot

4時間足
4時間足は上目線です。

snapshot

1時間足

snapshot

1時間足も上目線ですが、以下の点から一旦調整の下落が入る可能性を見ています。

・グリーンで示した1時間波動が(1)波のフィボナッチ2.618を超え3.236まで到達していることから一旦の達成感は出ている
・加えて1時間波動も5波形成終了したとカウントできなくもないので、一旦調整下落の可能性あり
・1時間足で引けるグリーンの上昇トレンドラインをブレイク

これらに加え、昨日大きく下落したことで109円以降で買われたポジションが含み損になっていることを踏まえると、一旦半値近くまで戻した時にポジション解消の動きが出る可能性が考えられます。
その意味でも昨日の下落の半値戻し付近109.30-40ゾーンでのプライスアクションには注目です。

 

僕が使っているチャートツールTradingviewはこちら



 

人気の記事

1

こんにちは、サバイサバイFXです。 今回の記事ではダウ理論の重要な考え方の一つである押し安値と戻り高値をどのように見つけたら良いのか、客観的に判断する方法について解説します。 僕自身もダウ理論を学ぶ中 ...

2

この記事は2021年4月13日にTradingViewに投稿したアイデアを元にしています。 TradingView【コラム】ビットコインのエリオット波動を超真面目に考えてみる FX365_Thaila ...

3

こんにちは、南国タイでFXトレーディングをしながらサバイサバイな暮らしをしているサンタです。 TradingViewで投稿している相場分析の読者の方からエリオット波動の「4波は1波の終点を超えてはいけ ...

4

今回は波動の見極め方のコツということで、チャートの横軸(時間軸)に注目した波動の特徴について共有したいと思います。 エリオット波動を分析に使われている方であれば、チャートの縦軸(価格軸)に着目し ...

5

以前別の記事でビットコインの2017年バブル時のチャートとフィボナッチ比率の関連性について言及しましたが、今回2021年2月の58000ドルからの下落もフィボナッチ数がピタリとハマ ...

Copyright© サバイサバイFX , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.