新着記事

相場分析

【CHFJPY/フラン円🇨🇭🇯🇵】相場分析20210428 5年レンジ上限突破目前 / ロング戦略考察

【サマリ】
スイスフラン円が5年続くレンジ上限の突破を目前に控え、面白い局面を迎えています。
抜ければ青天井となり、週足の次の節目である124円水準まで目立つ抵抗がない領域に入ることで長期で大きな値幅を狙う機会と考えています。
まもなく4月も終了ですので、月足・週足のローソク足がどのような引け方をするかに注目です。
【環境認識&詳細】
月足
118.50-119円のゾーンが過去5年間に渡る天井となっています。
月足レベルで意識されている抵抗帯なので、4月のローソク足がどのような形で引けるかに注目です。
実体で抜けるようであれば、以下で考察するロングシナリオ遂行の強力な根拠となると見ています。

snapshot

 

週足
週足波動(パープル)はダイアゴナル型推進5波を形成中。
5年レンジ上限を抜けてくれば、週足レベルでは124.00水準まで目立つ抵抗がなく、長期的にこの水準を目指す動きが出てくる可能性を見ています。

snapshot

 

日足
長期サポートとして機能していた116.15のサポートを割ってくるかと見ていましたが、結局割れずに高値を更新してきました。
これを踏まえてオレンジの日足上昇波動は引き続き継続。現在は5波目ではないかと捉えています。
天井をトライする間隔が狭くなっているのもそれだけ買いの方が強いということでしょう。

snapshot

 

また、スイスフラン円はユーロ円との連動性が高いとも言われています。
以下はユーロ円の日足チャートですが、こちらも高値を更新してきていることを踏まえると、フラン円も上昇していく可能性が高いと考えられます。

snapshot

 

さて、ここからのシナリオですが、
長期のレンジ上限ということで、相当の売りポジションも蓄積されていると推測できます。
月足・週足でレンジ上限を抜ければ、それらの損切りでそのまま伸びていく可能性もあるので、プライスアクションを見つつレンジ抜けからの追従ロングを念頭に狙っていこうと思います。

 

僕が使っているチャートツールTradingviewはこちら



 

人気の記事

1

こんにちは、サバイサバイFXです。 今回の記事ではダウ理論の重要な考え方の一つである押し安値と戻り高値をどのように見つけたら良いのか、客観的に判断する方法について解説します。 僕自身もダウ理論を学ぶ中 ...

2

この記事は2021年4月13日にTradingViewに投稿したアイデアを元にしています。 TradingView【コラム】ビットコインのエリオット波動を超真面目に考えてみる FX365_Thaila ...

3

こんにちは、南国タイでFXトレーディングをしながらサバイサバイな暮らしをしているサンタです。 TradingViewで投稿している相場分析の読者の方からエリオット波動の「4波は1波の終点を超えてはいけ ...

4

今回は波動の見極め方のコツということで、チャートの横軸(時間軸)に注目した波動の特徴について共有したいと思います。 エリオット波動を分析に使われている方であれば、チャートの縦軸(価格軸)に着目し ...

5

以前別の記事でビットコインの2017年バブル時のチャートとフィボナッチ比率の関連性について言及しましたが、今回2021年2月の58000ドルからの下落もフィボナッチ数がピタリとハマ ...

Copyright© サバイサバイFX , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.