新着記事

相場分析

【米国株/S&P500】相場分析20211119 S&P500は100%上昇ルールを破るか?

チャートはリーマンショック以降のSP500の月足(ログスケール)です。

 

snapshot

 

アメリカのFRBによるテーパリングも織り込み、早期利上げ観測が後退する中、インフレ懸念を払拭する企業好決算で最高値を更新中。

一時騒がれていた暴落の可能性などどこ吹く風という勢いです。

 

さて、タイトルの件です。

リーマンショックから現在まで続く上昇トレンドには、100%近く上昇すると大きな調整(15-35%)を挟むというパターンが見られます。(チャート上の矢印)

直近の上昇の起点はどこかというと、コロナショックでつけた安値ですが、すでにここからの上昇率は8月時点で100%を達成。
過去の動きに倣い大きな調整を挟むのか、それともFRBが利上げに踏み切るまでこのままの上昇で突き進むのか注目されるところです。

次の大きな節目は5000ドルの大台ですが、ここはヒゲを無視したコロナショックの安値からの100%上昇水準と一致。
心理的にも意識される節目であり、転換ポイントとして警戒すべきエリアでしょう。

 

過去の大きな調整前の価格水準を見てみると、
1300ドル(2011年)
2000ドル(2015年)
3500ドル(2020年コロナ)
となっています。

 

僕が使っているチャートツールTradingviewはこちら



人気の記事

1

こんにちは、サバイサバイFXです。 今回の記事ではダウ理論の重要な考え方の一つである押し安値と戻り高値をどのように見つけたら良いのか、客観的に判断する方法について解説します。 僕自身もダウ理論を学ぶ中 ...

2

コラムと題して様々な金融商品·銘柄の長期エリオット波動分析を投稿している波動分析シリーズ。 これまで色々な金融商品を取り上げてきましたが、為替の中で我らがドル円を取り上げないわけにはい ...

3

こんにちは、南国タイでFXトレーディングをしながらサバイサバイな暮らしをしているサンタです。 TradingViewで投稿している相場分析(こちら)の読者の方からエリオット波動の「4波は1波の終点を超 ...

4

こんにちは、サバイサバイFXです。 今回は波動の解説記事として、エリオット波動の5波狙いはなぜ難しいのか? という理由とそのリスクについて解説します。 エリオット波動を使っている人にとっては、1波や3 ...

5

今回は波動の見極め方のコツということで、チャートの横軸(時間軸)に注目した波動の特徴について共有したいと思います。 エリオット波動を分析に使われている方であれば、チャートの縦軸(価格軸)に着目し ...

6

この記事は2021年4月13日にTradingViewに投稿したアイデアを元にしています。 TradingView【コラム】ビットコインのエリオット波動を超真面目に考えてみる FX365_Thaila ...

error: Content is protected !!

Copyright© サバイサバイFX , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.