新着記事

タイ

タイバンコクにドンキホーテオープン!

https://twitter.com/thaikabu365/status/1099263231657336832

2019年2月20日(木)、タイのバンコクに遂にドンキホーテがオープンしました。

僕もタイに住んで長いので、建設中の現場前を何度も通りかかったことはあったのですが、いつオープンするのかは知らないままでした。2018年とも2019年とも言われていたので、タイのことですからあまり当てにせずにいればそのうちオープンするだろうと思っていたのです。

それが偶然でいぜろバンコクさんの動画をみていた時にドンキホーテバンコク店がオープンしたと発言されていたのを聞き、調べてみたところ、本当につい最近オープンしたということがわかったのです。

<でいぜろバンコクさんの動画は下記です。>

ということで早速オープンしたてのドンキホーテに行ってみました。

店舗は1階と2階の2フロアーに別れており、1階が生鮮食品を含む食料品を扱うフロアー、2階が生活雑貨、コスメなどを扱うフロアーです。生鮮食品を扱うところが日本のドンキホーテとの違いと言えるでしょう。スーパーマーケット同様に肉や野菜、フルーツも置いてあり、日本産のいちごは完売となっていました。

オープンして最初の土曜日ということもあってか、店内は大勢の人でごった返し、レジ前には長蛇の列ができていました。

日本の有名ディスカウントストアがタイに初上陸するという触れ込みもあって、タイ人の注目度もかなりのようです。もともと親日な国ですから日本の製品が豊富なラインナップで揃う場所というのは魅力的に映ること間違いなしでしょう。特にコスメのフロアの商品充実度は目を見張るものがあり、今まで友人や知り合いが日本に行った時に買ってもらうよう頼んでいたものが、これからは身近な場所で手に入るということで、その価値は十分認められることでしょう。

ちなみに日本のドンキホーテでは、アダルトグッズも扱っているのが特色ですが、バンコクのドンキホーテではさすがにお国柄を反映して、そういったアダルトグッズは扱っていません。

バンコク ドンキホーテの場所

ドンキホーテのバンコクはバンコクの中心部トンローのSoi10にあります。

<Google Mapでみる>
https//goo/maps/BKhsA9LsN622

最寄りの公共交通機関はBTSのトンロー駅となりますが、BTSトンロー駅からはだいぶ歩くので、タクシーかGrabtaxiで行くのが便利です。

タクシーのドライバーもまだドンキホーテという名前は知らないでしょうから、Grabtaxiの方が便利ですが、Grabtaxiのアプリでもまだドンキホーテで検索しても出てこないので、"Thonglor Soi10"で検索して目的地に設定。Soi10に到着したら徒歩で向かうのがいいでしょう。Soi10自体はそれほど長いソイではないのでソイの端から端までは十分徒歩で行けます。BTSトンローからソイトンローを北上し、Soi10の入り口で降りるのが一番の早道です。

皆さんもぜひバンコクのドンキホーテに足を運んでみて、タイ人からの人気っぷりを観察してみてはいかがでしょうか。

僕が使っているチャートツールTradingviewはこちら



 

 

人気の記事

Copyright© サバイサバイFX , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.