新着記事

FX エントリーポイント デイトレード

【5分足デイトレポイント解説】たった3つの要素で判断できる鉄板エントリーポイント紹介

こんにちはタイでFXトレーディングをしているサンタです。

今回は僕がよく使っている、5分足を使ったデイトレードの鉄板エントリーポイントについてご紹介します。

たった3つの要素だけでエントリーポイントがわかる非常にシンプルかつ優位性の高いエントリーポイントですので、ぜひ習得して使ってみてください。

この記事を読むことで

  • 5分足によるデイトレードでの鉄板エントリーポイント
  • エントリー見極めに必要な3つの要素

を知ることができます。

5分足鉄板エントリーポイント

早速鉄板エントリーポイントについて解説します。

下のチャートはドル円の5分足チャートです。

一目見て下降トレンドであることがわかりますね。

このエントリーポイントは、相場が横ばいの時、下降トレンドの時のいずれかで発生します。

今回は下降トレンドの場合を例にとって説明します。

チャートの右下にピンクのボックスで囲ってある部分がエントリーポイントとなるので、ここを拡大して見ていきましょう。

 

エントリーに必要な3つの要素

上のチャートのピンクのボックス部分を拡大したのが以下のチャートです。

エントリーは④のローソク足の頭です。

エントリーを判断する3つの要素について、以下で一つずつ見ていきましょう。

 

①意識ラインの確認

まずはチャート上で過去にサポートラインかつレジスタンスラインとなっている水平ラインを探します。

上のチャートの例では赤の水平線が、この意識ラインとなります。

②高値切り下げの確認

次に直近のローソク足の動きを確認し、高値が切り下がっていることを確認します。

上のチャートの例では右下がりの赤の斜線が、高値切り下げのラインとなります。

今回の例では、ちょうど三角保ち合いを形成していることもわかります。

③意識ラインを陰線の実体ベースで下抜け

最後のポイントが、①の意識ラインを陰線で実体ベースで抜いてくるかどうかです。

①の意識ラインまでローソク足が落ちてくるのを待ちます。トレードは待ちが大切です。獲物を狙うライオンのように、要素が揃う時までじっと待ちましょう。

そしてローソク足が①の意識ラインを実体を伴って下抜けするのを確認します。

実体を伴って下抜けというのは、ローソク足の実体部分が意識ラインに重なるようにして下抜けすることを言います。下ひげで意識ラインを割ってくるようなケースは今回のパターンの要素を満たさないことになりますので、エントリーは見送ります。

④意識ラインを下抜けてローソク足が確定したらショートエントリー

最後に、ローソク足が①の意識ラインを実体を伴って下抜け、ローソク足が確定したら、その時点でショートでエントリーします。

チャート上に緑の丸で印をしたローソク足の頭でエントリーします。

 

以上です。

結果はチャートで示されている通り、価格は下落。

上の例の場合は50pips程度下降してきたことになります。

 

まとめ

今回はドル円での解説でしたが、もちろん他の通貨ペアでもよく出るパターンですので、

相場を観察する際は一つの優位性の高いエントリーポイントとして確認してみてください。

 

以上は5分足でのデイトレに関するエントリーポイントの解説ですが、

こんな感じでTradingviewで主要7通貨ペア+マイナー通貨ペアの相場分析を投稿しています。

Tradingviewでフォローしてもらえると新しい投稿の都度通知が届くので是非フォローしてください。

アカウントを持っていないという方は以下のリンクから登録できます。

Tradingviewでフォローする

Tradingviewのアカウント登録はこちら

 

 

 

僕が使っているチャートツールTradingviewはこちら



 

 

 

人気の記事

Copyright© サバイサバイFX , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.